ルミガン効果
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

反日のウラ

  50人擁立して49人当選した都民ファースト新党ですが、私不勉強でこの台風の目が今後どちらへ動くのかさっぱりわかりません。元々小池百合子都知事は「安全」「刷新」「共生」を掲げており、それはいいのですが今回の都議会選挙では公明党と連携しています。政策が「朝鮮学校」「豊洲移転」「憲法改正」どれも真逆なんですよね。まあ国政イシューは都政では問題なしということなのでしょうが、若い女性を含む新人議員の顔ぶれは旧民主党も思わせ、この新党が「極右」「穏健保守」「リベラル」「2大政党」何をめざしているのかてんで判らない。「帝国憲法復活」とか言ってるわけでしょうw そういう人と旧民主(民進)党の人と一緒になって、さらに公明党と連携…これは非常な先行き不安を感じますね。

  今回も引き続き内面的な駄文としてこのような選挙・政治・ネット掲示板を読む際の前提について不勉強な考察を重ねます。結局ニュースやネットを眺めていても不可解なことが多いなあということですよ。私が選挙や政治を扱う際に考慮するポイントは①右翼②左翼③反日、これだけなんです。しかし最近これだけじゃ間に合わないな、重大な欠落が存在すると考えました。その妄想とは、

   ④日独伊はいま現在(2017年)も「枢軸国」であるとされている

  こういうことを思いました。3国同盟なんてついでに組んだんだよ、とか歴史的事情は関係ない。そういうイメージが欧米に色濃くあるだろうという考えが浮かんだんですね。日本人に非常に薄い意識なのでマスコミ・タブーというか書いても詮無しのところがあるかも知れません。特に私なんか五島勉さんのノストラ本とか好きなので「第2の空にしか置かれない」日蝕を隠すという詩の一節がすぐに思い浮かぶんですね。これはどういうことかというと、ズバリまず連合国があって、彼らは核保有していいわけです。しかしドイツ・イタリアも現在ニュークリア・シェアリングですよね。百合子知事も日本のメルケルとして核シェアリングを手掛けるかも知れませんが、枢軸国は「危険国家」「問題国家」「後進国家」としてワンランク下、こういう見方・レッテルが存在すると思うのです。蛇足ですが都議会はビッグサイトでも借り切って首都地震と施設テロの複合事態への防災訓練を実施した方がいいかも知れません。

  日本は島国根性で欧米目線に対してもはじめから「偏見一本」でお終いなんですね。でもエリートというものはその辺熟知していて、たとえば必殺シリーズを復活させるにあたって津川さんと松岡さんをさかんに取り上げたりするわけでしょう。実はここに仕掛けがあって、東条英機と松岡洋右、ああA級戦犯ねとなってトラブルの遠因にしているんです。日本人は昔といえばお江戸のちょんまげ時代劇。でも欧米に対しては明治維新からデビューしたわけだから、富国強兵の帰結としての東京裁判、そこで敗戦国としての冤罪論が存在してもヒトラー・ムッソリーニ・東条英機のイメージがよくないんです。東京裁判でもオランダやインドからはキツイ意見は出なかったんですね。私は恥ずかしながらこの視点が全くありませんでしたw

  何でこういうことを思ったかというと、EUの移民受け入れ代表国はドイツですね。さらにイタリアが「何で他国は非協力的なんだ!」と悲鳴を上げていたと思います、そうでないとクローズアップで移民問題を取り上げただけで首相が急遽来日しないですよね。これはやはりマスコミ・タブーになるのでしょう。

   ●日独伊の元枢軸国は現在でも危険な存在なので、「国力低下政策」というハンデを背負うノルマがある

  このような暗黙の了解・無言の差別があるように感じます。私は国内の選挙においてこれまでは日蓮曼荼羅には人民動員の宇宙パワーが存在するとか思っていましたが、そうではないですね。端的な例は小泉親子の「自民党をぶっ壊す!」「自民党は自業自得だ!」「自民党は襟を正せ!」こう絶叫すると、海の向こうから何か電波のようなエネルギーがピ・ピ・ピ・ピ・ピ~かバババババーなのか分かりませんが飛来してパワーが漲るという仕組みがあるように思えてなりません。創価学会・共産党も同じで、どんなに日本では少数派、現実にマイナーな存在の筈なのに、都議選結果はこうなりました。

  だから豊洲移転の百条委員会も国内向けではなく海外のお墨付きを得るためなのです。これは百合子裁判長による東京裁判だったわけですね。ネットでこれだけ都民新党への酷評が続いても圧倒的勝利です。選挙結果というものは日本人が決めているのではないんですね。民主党も改憲田中派の小沢一郎さんが親中保守で、護憲社民連の菅直人さんが親米左翼なんです。で勝利は後者。蓮舫代表の「2番じゃダメですか?」も競争結果に拘泥するなではないんですね、枢軸国としての国力弱体化政策に甘んじていればいいじゃないですか、という裏のメッセージを感じます。

  だから「日本を取り戻す」「戦後レジームからの脱却」を掲げる安倍政権がいかに革新的かということです。地球儀俯瞰外交、憲法改正で自衛隊を書き込む、何をやっているのかといえば「枢軸国レッテルからの脱却」でしょう。しかしここには監視役の公明党・創価学会がべったり張り付いており、おかしなことをしないように常に見張っているわけです。だから安倍ちゃんも「自民党をぶっ壊す!」と日の丸を燃やして絶叫しアッキーは神宮大麻を土足で踏みにじる、そうすれば日本国民からはドン引きされても海の向こうからピピピ~…とビームが飛んできて朝日新聞辺りが「安倍夫妻はたしかにおかしい。だけどこんないい所もある」と美談記事を書いてくれるかも知れませんw 結局そういうことでしょ。

  日本は戦力持っちゃいけないんです、だっていまだに枢軸国だから。北鮮の将軍もちょうどいいタイミングでミサイル実験を行ってきます。だいたいはアメリカの記念日に合わせているようですが、見ようによっては安倍首相を支援しているようにも思える、これも実際どうかではなく欧米や連合国に「どう見えるか」「東の果ての北鮮と日本の同一視」を誘導演出しているようにも思えます。
category
ポスト現代時評

グローバル土建屋に忖度する「空気ファースト」

  6月は魔風に見舞われたようだったが明けて7月になると嘘のように通常に回復してきた。私も阿含宗退会から連続して2ch、このブログと来ているのであり、真如苑を退会して阿含宗に入会したのが2005年だからもうそれ位の年月は過ぎたのである。最近藤田まことさんの訃報記事を見返してみていろいろ想う次第である。仕事にかまけて浅川さんの訃報も気付かぬ私であった。

  それで都議選であるが、未だ開票中だが週刊現代の衝撃予測を上回りそうな勢いである。しかしこれは国政選挙でも深夜の開票速報では惨敗でも明けて最終結果では幾分持ち直すというのは見慣れた風景である。もうタイトルで言いたいことはすべてであるが、洗脳されやすい、学習しない、善悪逆転を痛快に感ずる、これで日本の政治は廻ってきたわけでもうこれは自業自得として行き着く果てを辿るしかないだろう。愚民とはある意味で純朴な、罪のないものである。慎太郎長期政権、猪瀬圧勝、舛添創価一家の災難、それでグローバル百合子ファーストと創価の安定である。つくづく都民は「法華経の政治」がお好きなのだろう。安倍ちゃんのKYは美徳であり信念の発露といえる。成功体験が人生の毒素となる、これは都会も田舎も違いはないように思われる。

  都民ファーストは再開発の場所を別にデベロッパーに提供してやり、新鮮なベンゼン100倍の市場の食材を美味しくいただこう!などという狂気は断固忌避するべきである。これは浄化技術の問題ではなく土壌選定の問題だ。生鮮市場には不適格だという情報を事前に入手した上でその場所を積極的に選定したのだからこれはおかしい、健康被害容認の故意が存在すると指摘せざるを得ない。そもそも百合子知事人気の元ネタは猪瀬・舛添以上に慎太郎知事とドン内田がズブズブの黒い都政を慣習的に行ってきた、その旧弊体質に対する批判がブームに火を付けた筈である。

  しかし何故か百条委員会招致辺りから濃いキャラ・籠池理事長夫妻が登場した。私としてはこの苗字を「小池は籠の鳥」と受け取った。ここから政治改革を志す百合子知事を支援者である三井・読売・創価関係者=つまりグローバル農薬戦争日本出張所が囲い込んで利用するという意思表示だと読んだのだ(創価学会に多様性がある旨は書いた)。モンサントや住友がどういう事業をやっているのか、「種子法廃止」討論(➡動画)をご覧ください、これがグローバルなのだ。だからグローバルが都民新党を熱烈支援し大勝させる代わりに百合子知事に要求を吞ませると予想しているが、多数を取った今、そんな脅迫に屈する必要はさらさらない。豊洲移転のワンイシューだけは共産党と組んで是非食の安心・安全を最優先してほしい。そうすれば都民新党や百合子知事に大きな信頼が集まるだろう。社会の安心・安全を強めたいなら是非そうするべきで、何のための多数派工作かということになる。

  話が飛んだが、慎太郎とドン内田の黒い癒着の罪業が安倍首相とその周辺に胡散臭い話題として降りかかった。そういえば原発事故の責任の一端も安倍首相にあると云われていただろう。火のないところに煙は立たぬというが、これは呪いであると考え、対策を考えてみた。何でもトーキョーワンダーサイトにも携わったある高名な芸術家が謹製した曼荼羅があるそうである。この曼荼羅の前で瞑想すると空中浮揚ができ、気に入らない人間をポアし、あっちの方も障子紙を突き破るほどの一念発起力が湧いてくるそうなのであるw 運気の悪さを他人に擦り付けることもできそうだ。安倍ちゃんも心身思わしくないようだからひとつこのような曼荼羅でも拝んでみてはどうか、そうすれば演説司会者の活舌も少しはよくなるに違いないw(参考: 1995年という年
category
ポスト現代時評

与太の断片w

  6月はおふくろの2周忌であり、早期の墓参のみで済ませていたのであるが、野際さんが緊急入院の報が入った時にはもう既に葬儀が行われていたということで私も絶句である。これで迷宮案内及び必殺関連のお2人が「やられた」と私は考えている。私はネットの産経メインだがMSNも愛読しているので一紙偏狭は言い過ぎである。また2013年という年は直前に安倍政権、さらに朴政権が立ち上がり、そこへ大規模なサイバー攻撃が掛けられ、9月に半沢直樹を楽しみにしていたおふくろが頸椎(脳底)動脈の出血によって倒れたのである。北鮮から送還された米国学生の状態を読んで気分が悪くなってしまった。テレ朝は田原さん・上杉さん・幸洋さん・亀ちゃんが相次いでおかしくなった時から胡散臭く感じていた。結局古館さん・舛添さん・鳥越さんもスポイルしたでしょう。まあ過分な配慮もいただき昔から好きな局ではあるが、混迷・病巣の深さを感じる。

  桐山管長時代の阿含宗というのは主題歌が黛敏郎さんであり、基本的には親米保守の極右なのだ。だから産経や慎太郎氏も交流があるのであるが、宗教の会員というのは世間に居場所がないと感じる人が多いのは間違いではないだろう、従って会員イコール極右というのは誤りであり、保守的行事への奉仕をしていても内面の信条は革新の人も多いと思う。私も会員時は完全にリベラル左派であった。

  今回は不案内なまま風呂敷を広げていくので断片集であるが、ざっくりと“めだか3姉妹”のスタンスを想定してみたい、勿論これは私の想定であって裏取りもしていない憶測夢想である。①長女…赤毛のアン。統一教会・真如苑・阿含宗・シータ、民団系。親中・親米の親韓。②次女…グローバルエリート。帰国子女・財閥系。基督教(フランスはカトリック)的貞潔主義。真如苑・創価学会・シータ。反米・反日の南米。大衆現実から離れた観念論者ではあるが魔術の力が強い。財閥で貞潔で有能な人材だけが選別され生き残る価値があるという優生思想。③三女…共産党、在日総連系。創価学会・阿含宗・真如苑、アンチシータ。魔術強し。大阪のおばちゃん的な庶民感覚、おしんのように苦労した人間は偉い・強い。親米w反日・親鮮。出羽修験と在日パワーの融合か、これも浮世離れ。

  この3姉妹は被っているところもあれば違うところもある。創価学会・真如苑・生長の家・統一教会は左右分裂を起こしており、単純に区分けできない。阿含宗は代替りしており、深田・和田のツートップが会員の意向を聴く傾向が強い。桐山さんの重圧から解放された団結感があるかも知れない。慎太郎氏は霊友会・真如苑・阿含宗。イルミナティ云々というのも正直五里霧中だが、これも左右分裂というか、保守はアンチ・グローバルと看做されると思う。グローバルなんですよ、メーソンは本質的に。そうでないと邦夫氏が逝去し、由紀夫(友紀夫…アピール?w)氏が生存し、高須先生が発病したことの説明が付かない。だからメーソンはグローバル、世界共産エリート優生主義と考えてよいかも知れない。

  ここで脱線してしつこく真如苑の本性を考察すれば、これは外見と実力があれば配慮の感情は不要という遮情主義のように見える。配慮の感情は愛欲の発露であり煩悩即悪業なのだ。従って配慮の感情を重視するものは坊主となって悔い改めて外見と実力の充実に集注邁進しなければならない。それこそが歓喜奉行なのだwという思想・観念が強く本尊、稲荷・飯縄・管狐に打ち込まれているように感ずるのである。従って真如苑の霊力は、世間的には正しいが仏教的には誤っているといえる。外見や実力、真如苑に依存して配慮の感情を蔑ろにして転落した人は大勢いる。従って真如苑には魔性がある、これは魔性である、と考える。都会やビジネスに重きを置く人物は私を含めてこの雰囲気に納得共感する人が多い。でも間違いでしょうね。このように仏法真理としては誤りでも世間的・社会的には一概に否定し難い…新興宗教とはこのような側面を擁しているのであろう。

  最後にオウム100%(Akiraプロジェクト)の考察であるが、これは私在籍中に杖道の型を練習しながら「これはゲバ棒を杖に持ち替えろ(➡過激派精神をスポーツ奨励に昇華させましょう)ということかな、と勝手に考えていた。中露の先輩はいたが、当時はバブル期で学生運動も下火であり、左翼的な傾向とか皆無であったからだ。トップの先生は身延であろうが本拠地はW大であり、統一教会が基盤であろう。そこでフジサンケイも心を許すのであろうが、前述したとおり左右分裂があり、グローバルエリートと旧来の保守との対立があろう。グローバルは米英主導であったが多国籍・無国籍に足場を掛けた現在、低賃金労働を抑制し国民擁護に廻る政府は邪魔なのだ。そのためには自爆テロや社会汚染も厭わずといったところであろうか。

  プレミアムフライデーで「蕎麦食ってくる」と呟いた大臣がいたらしいがもりそば・かけそば、ゴールポストが点々と目まぐるしい。まずド田舎の四国にそんなに獣医学部をつくってはいけないのだろうか。獣医学部の人数を抑える=獣医にはなりにくい・狭い業界でコネ人脈が幅を利かすという懸念はないか。しかしそこに大型学部が新設されれば獣医になりやすい=コネ業界を突破する一点になると思うのは不勉強だろうか。貧困調査なら部下の職員を派遣すればいい。次官とは文科省のトップではないか、そのトップが何故「職務上の理由から」歌舞伎町に通わなければならないのだ。既得権益の擁護・天下りの斡旋・行政トップとしての不謹慎、すべてアウトではないか。繰返すが事務次官とは傘下官僚を統括する文科行政のトップであり、そのような重職・重責にあった人物がこのような言動をするとは軽率であり無責任の感を免れない。豊洲移転も決まりそうだが慎太郎の線を辿ればこのもりかけ騒動を応援した人間は原発・TPP推進派といえるだろう。安全対策が現実的に可能なら豊洲はもうとっくに開場してるでしょw
category
ポスト現代時評

配慮したからやられますw

  これは周知のことであるが、このボンクラは現在に至るまで右も左も判らずうろうろしているだけであって、当局及びマスコミは陰謀論・謀略論の世界をほぼ捉え、その上で無難な与太記事を送り出しているのだと考えている。何故直截攻められないかといえば、ここに霊的・宗教的な要素が関って来るからで、これはそのまま法令違反とはなりにくい性質のものである。そのように忖度抑圧された情念の噴上げが昨今のガス抜き事件と形を変えているのであろうが、それはあなたたち自身の問題であり、事情に不案内なこの私の責任ではない。

  この私を叩けば叩くほど小心な私は「カルトって怖いな、悲惨だな」と距離をおくのであり、方法論として恐怖ゆえの服従を強いるそのやり方が「人権・平和・環境」のお題目に相応しいか否かということで、これは全く不相応である。従って現在でも実績ある著名人が立派な論陣を張る一方でこのようなカルトを強硬に擁護しているのを見ると呆れ噴飯し、メディアへの不信感が増すのでである。もうメディアも社会もこのカルトと心中することに決めたのであろう、それでよい。内面の自由は憲法で保障されている、しかしこのカルトは非会員の内面の自由を認めず、詭弁を以て人権蹂躙を促進する。

  私の母親は電話盗聴の証拠隠滅のために脳幹を破裂させられたと考えており、他の親戚も出勤不能にされた。これは動かしがたい事実であり、到底許すことはできない。過去グーグルアカウントがアジア某地点からの不正アクセスで使えなくなっており、最近もPCの保存フォルダに思考盗聴の成果を示す新規フォルダが出現していた。夜勤の最中にあるカルト団体に対して想いを巡らせると、Androidスマホの画面がいきなり変換したり、音楽が鳴り出すのはよくあることだ、ということは図星なのである。

  まず①AG宗②オウムスポーツ縄文③舛添美術館、勿論舛添一家は被害者であるが、配慮の対象である近所からやられた…のだろう。ここは重要なところである、配慮した人物に攻撃する・そうならないように配慮して保険を掛けたのにそうなってしまう、前者は反日の特質であり、後者はSN苑のそれである。

  私がいまだに許せないのは選挙の多数決で選出したのに一部の公私混同という批判によって都知事が交代してしまったことであり、この「選挙の無効化」についての議論がなかったことが解せない。小沢・舛添・森友と、「日本社会の反日化」を感じる。再三言っているが自己のパワーに誇り自信がある者は選挙に立候補して多数を集め、自己の主張を法令化すればよい。呪いを用いた社会的テロは即刻やめるべきである。

  酒鬼薔薇事件当時は、龍太郎内閣であり、社民・さきがけが協力していた。偶然犯人の少年Aも宮下先生の作品を読んでいたようである。障害者の年下少年の首を糸ノコでいとも簡単に斬首、この斬首というのがイスラム国からの脅迫映像に通じるのだ。他に少年の生き血を呑んだという自白もある、あたかも悪魔儀式を行っているかのようである。私が目を付けている魔術を扱う人物がそのままテロリストとまでは考えていない。ただ海外含む広大なネットワークや強い神霊パワーにつながっているんだろうな、という見当をつけているだけである。問題は呪い殺人や呪い事故、呪い災害を笑いで済まそうとするその態度で、そこから「サイコパス」「呪いの実行成就に性的快感」という図式が浮ぶのである。

  基督教は善意かつ潔白なる人物が処刑されてしまったという話で、これは「未来成仏」wであろう。死後天国=神の国に召されるわけで、生前の想念の周波数が類は朋の法則で分類されるということだろうか。この聖書の焼き直しが法華経ということにして日蓮曼荼羅を眺めてみると、妙法=基督=信者が第六天魔王(これは非常に位が高い)とコンビを組んで釈迦と宝塔をおだて、不動・愛染を利用し、天照や八幡つまり日本神祇を足蹴・踏台にする、と読める。神仏の慈悲を逆手にとってそのパワーを恣意的に操作するという意図を感じる。まあ祈祷とはそういう面もあろうが、ここには神仏の判断より自分の判断の方が上、という傲慢=魔境がある。カルマの因果応報が反転する世界、そういう霊界もあると思うがそのような存在のようにも思える。

  最後にボンクラ9条改正私案ですが、第1項は現状保持、第2項は現状を削除して自衛隊保持を明記、そして第3項を設け、「徴兵制度はこれを禁止する」。教育無償化よりも意味が明瞭で、大義の強い防衛戦争と、大義の薄弱な侵略戦争があると思うのです。国民の志願が少ない場合、政府も戦争継続を見直さざるを得ないでしょう。間違った戦争に志願者が多数…それは仕方がありません。
category
仏法探究!

点と線か…?

  岐阜県多治見市で爆発物「過酸化アセトン」が入ったカプセルが見つかった事件で、多治見署は21日、爆発物取締罰則違反(所持)の疑いで、別の窃盗容疑で逮捕していた無職、長江陽満容疑者(37)を再逮捕した。同署によると、長江容疑者は「好奇心を満たすため自作した」と供述しており、署が同違反(製造)の疑いもあると見て製造方法や材料の入手先の確認を進めている。再逮捕容疑は1日午前11時40分ごろ、同市笠原町の自宅で過酸化アセトンをカプセル2個に入れて所持した疑い。署は1日、長江容疑者が7月に同県土岐市のゴルフ場に侵入し、金庫から現金約690万円を盗んだとして窃盗容疑などで逮捕。自宅を捜索した際、カプセルを見つけた。過酸化アセトンはパリ同時多発テロや、ベルギーでのテロで使われたとされている。僅かな衝撃や熱で爆発し、市販の薬品から製造できるという。(産経ニュース、2016年12月21日)

  ようやく5月末ですが昨年末から年始にかけてはピコ太郎さんがあちこちで引っ張りダコでしたよね。中堅お笑い芸人の古坂大魔王氏がプロデュースしたということになっているようですが…ロンドン・パリ・ベルギーで使用された過酸化アセトンは「TATP」というそうでちょっと連想しました。マンチェスターの爆発は無関係なのでしょうか。研さん・藤山さん・獅童さんは必殺出演歴があり、麻倉さんはつのださんとの共演の後は「飛んでイスタンブ~ル」らしいですが…ご回復を祈ります。告白すると、以前自宅で「パリは霧に濡れて」のDVDを観ていたらパリのテロのニュースが入って来て慌てました。たしかお寿司屋さんか日本料理店だったと思いますが…さらに花屋さんの被害のシーンはルパン三世のマモーの映画に白昼テロのシーンがあるのですが、これを連想させましたね。警察にメールしようとも思ったのですが半面バカバカしい気もしてやめましたが、当局もそれなりにはつかんでいるような気もします。まあ日本としては当面AV出演強要反対を打ち出していこう、ということでしょうか。北朝鮮のミサイル実験などこけおどしだ、大騒ぎすることないと久しく言われてきました。左右の言論が逸脱しかけているような気がします。米中首脳会談から100日とは7月15日辺りになるのでしょうか。

  昭和46年に警察官が殉職した過激派による渋谷暴動事件をめぐり、殺人容疑などで警視庁が全国に指名手配していた過激派「中核派」の大坂正明容疑者(67)とみられる男の身柄を大阪府警が広島県内で確保していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。警察当局はDNA型鑑定を行うなどして身元の確認を進める。渋谷暴動事件は46年11月14日に発生。沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派などのデモ隊が、渋谷駅周辺で機動隊員や派出所を襲撃し、新潟県警から応援派遣されていた中村恒雄巡査=当時(21)=が火炎瓶を投げつけられ、大やけどを負い死亡した。

  捜査関係者によると、府警が今月18日、兵庫県内のホテルに偽名で宿泊したとする事件の関係先として、広島県内の中核派の拠点を捜索し、現場にいた男を有印私文書偽造・同行使容疑などで逮捕した。一緒にいた別の男も公務執行妨害容疑で逮捕したが、特徴などからこの男が大坂容疑者の可能性があるという。

  大坂容疑者は渋谷暴動事件の実行役とみられ、殺人容疑などで指名手配されたが逃走。共犯とされる男の公判が病気治療で中断したため公訴時効が成立せず、平成22年の刑事訴訟法改正で時効は廃止された。大坂容疑者の動向はほとんど不明だったが、警視庁公安部が都内などに潜伏していたとみて捜査。28年には中核派の非公然活動を担う「革命軍」の拠点になっていたとみられる東京都北区の賃貸マンションを家宅捜索していた。警察当局は、大坂容疑者が病気を抱え、北関東などで治療を受けていたことも割り出しており、足取りを追っていた。
(同、5月23日)

100日の猶予…米中会談
category
ポスト現代時評
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。