FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

その平衡センスがキライです?

2018.08.12(00:19)

  まあアクセス解析を見る限り更新しようがしまいがアクセス数はそんなに変りないw 頻繁に覗いてくださる方には半年以上申し訳ないことである。年末から書きたい記事はまあまあある。が、悪影響を考慮して控えていた。それでも最近歌丸師匠・津川さん・翁長知事と亡くなって、これはここ数年来の兆候であるが、まあ根拠のない妄想ブログとして呪殺側の理屈というものを妄想してみたい。私にいえるのは阿含宗(密教+魔術)、オウム100%ブドウ研究所(日蓮聖天+気功念力+統一協会)、舛添(近所)美術館(真如苑+グローバル+創価学会)ここにめだか3姉妹+情夫一匹、赤坂にも違法ドラッグのポスターが貼ってあるが、が関与しているとは思う。

  だいたい笑点の司会者交代劇辺りから私はこうなる展開を予想していた。この日蓮聖天という祈祷法について私なりのコメントを述べる。そもそも日蓮曼荼羅の「第六天魔王」、これは天上界の障礙神、他化自在天である。では天神さま、菅原道真はどうだろうか。この天神さまという天満大自在天、これは道真公に色究竟天に坐す、まあ六道を半分に割れば同じのような気もするが、とにかくヒンズー教のシヴァ・リンガ、ガネーシャのお父さんたる摩醯首羅を習合させたものである。この2つは悪魔っ気を感じさせない半分神サマのような存在といってもよいだろう。この父親摩醯首羅大自在天をイザナギ、息子のガネーシャ=歓喜大自在天(ややこしい!)をカグツチに見立てるという説もあるらしい。

  ご存知の通り聖天尊は他の天部と同様に十一面観音と法華経で供養するが、この部分を日蓮題目で拝み祈祷するマイナーな一派があるようなのである。しかも念の入ったことに身延や創価ではなく正宗の曼荼羅で拝んでいるらしい。聖天+正宗、この正当性は別にしてここにスポーツ感覚で鍛えた気功念力、サイキックパワーを打ち込む、と私は妄想している。これで何故か肺炎が起こせるらしいのである。オウムのようにヒンズーマントラも使用しているのだろうか。歌丸師匠は身延なので余計術がかかりやすかったように思われる。

  素人の勝手な思い込みだが本来現在の芸能界はほぼ左翼、共産党が強いと考えている。何故なら戦時体制になれば歌舞音曲は統制抑圧されるからだ。そのような業界事情と個人のそれぞれの生きざま、そこに葛藤があり、過激な偏向者がそこにつけこんだ凶行と妄想している。これも間違いかも知れないが、歌丸師匠の本名は巌さん、である。イワオと来れば思い浮かぶのが君が代だ。と考えると歌丸というのは君が代+日の丸、転じて日本を代表する噺家という含意はないだろうか。

  若き日の巌少年は春風亭柳昇師匠の高座を聴き、噺家を志したという。このリスペクトが昇太師匠の抜擢に繋っているのだろう。共産党の赤旗にも紹介され私も勝手に歌丸師匠は共産党シンパか支持者だと思っていた。一方で柳昇師匠は日本会議の委員も務め、日本の伝統文化を継承しながら反戦平和を訴える、保守系の日テレに長年出演しながら歌丸師匠にバランスをとる意図があったのは間違いないだろう。ちなみにまる子ちゃんやボトムズの演出でお馴染みの知吹愛弓氏は柳昇師匠の息子さんである。

  大きな立場から敢えて保守色に傾く歌丸師匠に小三治師匠、木久扇師匠、円楽師匠が援護射撃で気持を代弁したのかも知れない。しかしこの世間を俯瞰するバランス感覚が気に食わない、過激に偏向せよとの何者かの意図が因縁つけて呪詛を飛ばしたと思われる。私の妄想ではそれはオウム100%の周辺だと考えているが、間違いだろうか。反日グローバルは相撲・歌舞伎・落語・時代劇・神社仏閣・国産重工業・日本食などはナチスと同類の文化とでも考えているのだろうか、どうやらお嫌いらしい。

  津川さんも一見極右の代表のようであるが心情的には民主党右派のようなところも思わせ、東京五輪の聖火台は縄文土器にすればよいと発言したのは記憶に新しい。この縄文土器の発掘地とオウム100%の本部が近接しているのかも知れない。いいですか、小沢一郎さんのように野党左派をシンパ応援する保守、のようなスタンスを反日グローバル集団が呪殺しているのではないか、というのが私の見立て・妄想である。ここからグローバルなスタンスの小泉さんと共闘しようという発想が出てくるのだろうが、それでは日本人の生活破壊が進むだけであろう。

  翁長知事はどうだろうか。この方も左傾の主張をする自民党の政治家である。まず沖縄の米軍基地依存からの脱却、は本来保守的な主張であろう。日本は軽武装で重武装は宗主国に依存しよう、とはリベラルな主張のようにも思える。これも知事を殺めて同情を集めようとしたのか、辺野古拒否に対する脅迫なのか、キチガイの奇行なのか、実際霊能は判断を鈍らせる場合もある、ピンキリなのだ、これもよくわからない。ただ保守の人間が左傾の主張をしてバランスを取り、広く世間の支持を得る、というやり方が気に入らないようにも思えるだけだ。俳句を競う人気番組で梅沢さんの一句が勝利したようだがそれ以降、福島で不気味な地震が続いている。かくいう私の妄想も重層的である。今回はここまでとしたい。間違いやご迷惑には陳謝申し上げるがそういう性格のブログなのでどうかご容赦願いたい。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/714-c708543c
ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。