ルミガン効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

配慮したからやられますw

  これは周知のことであるが、このボンクラは現在に至るまで右も左も判らずうろうろしているだけであって、当局及びマスコミは陰謀論・謀略論の世界をほぼ捉え、その上で無難な与太記事を送り出しているのだと考えている。何故直截攻められないかといえば、ここに霊的・宗教的な要素が関って来るからで、これはそのまま法令違反とはなりにくい性質のものである。そのように忖度抑圧された情念の噴上げが昨今のガス抜き事件と形を変えているのであろうが、それはあなたたち自身の問題であり、事情に不案内なこの私の責任ではない。

  この私を叩けば叩くほど小心な私は「カルトって怖いな、悲惨だな」と距離をおくのであり、方法論として恐怖ゆえの服従を強いるそのやり方が「人権・平和・環境」のお題目に相応しいか否かということで、これは全く不相応である。従って現在でも実績ある著名人が立派な論陣を張る一方でこのようなカルトを強硬に擁護しているのを見ると呆れ噴飯し、メディアへの不信感が増すのでである。もうメディアも社会もこのカルトと心中することに決めたのであろう、それでよい。内面の自由は憲法で保障されている、しかしこのカルトは非会員の内面の自由を認めず、詭弁を以て人権蹂躙を促進する。

  私の母親は電話盗聴の証拠隠滅のために脳幹を破裂させられたと考えており、他の親戚も出勤不能にされた。これは動かしがたい事実であり、到底許すことはできない。過去グーグルアカウントがアジア某地点からの不正アクセスで使えなくなっており、最近もPCの保存フォルダに思考盗聴の成果を示す新規フォルダが出現していた。夜勤の最中にあるカルト団体に対して想いを巡らせると、Androidスマホの画面がいきなり変換したり、音楽が鳴り出すのはよくあることだ、ということは図星なのである。

  まず①AG宗②オウムスポーツ縄文③舛添美術館、勿論舛添一家は被害者であるが、配慮の対象である近所からやられた…のだろう。ここは重要なところである、配慮した人物に攻撃する・そうならないように配慮して保険を掛けたのにそうなってしまう、前者は反日の特質であり、後者はSN苑のそれである。

  私がいまだに許せないのは選挙の多数決で選出したのに一部の公私混同という批判によって都知事が交代してしまったことであり、この「選挙の無効化」についての議論がなかったことが解せない。小沢・舛添・森友と、「日本社会の反日化」を感じる。再三言っているが自己のパワーに誇り自信がある者は選挙に立候補して多数を集め、自己の主張を法令化すればよい。呪いを用いた社会的テロは即刻やめるべきである。

  酒鬼薔薇事件当時は、龍太郎内閣であり、社民・さきがけが協力していた。偶然犯人の少年Aも宮下先生の作品を読んでいたようである。障害者の年下少年の首を糸ノコでいとも簡単に斬首、この斬首というのがイスラム国からの脅迫映像に通じるのだ。他に少年の生き血を呑んだという自白もある、あたかも悪魔儀式を行っているかのようである。私が目を付けている魔術を扱う人物がそのままテロリストとまでは考えていない。ただ海外含む広大なネットワークや強い神霊パワーにつながっているんだろうな、という見当をつけているだけである。問題は呪い殺人や呪い事故、呪い災害を笑いで済まそうとするその態度で、そこから「サイコパス」「呪いの実行成就に性的快感」という図式が浮ぶのである。

  基督教は善意かつ潔白なる人物が処刑されてしまったという話で、これは「未来成仏」wであろう。死後天国=神の国に召されるわけで、生前の想念の周波数が類は朋の法則で分類されるということだろうか。この聖書の焼き直しが法華経ということにして日蓮曼荼羅を眺めてみると、妙法=基督=信者が第六天魔王(これは非常に位が高い)とコンビを組んで釈迦と宝塔をおだて、不動・愛染を利用し、天照や八幡つまり日本神祇を足蹴・踏台にする、と読める。神仏の慈悲を逆手にとってそのパワーを恣意的に操作するという意図を感じる。まあ祈祷とはそういう面もあろうが、ここには神仏の判断より自分の判断の方が上、という傲慢=魔境がある。カルマの因果応報が反転する世界、そういう霊界もあると思うがそのような存在のようにも思える。

  最後にボンクラ9条改正私案ですが、第1項は現状保持、第2項は現状を削除して自衛隊保持を明記、そして第3項を設け、「徴兵制度はこれを禁止する」。教育無償化よりも意味が明瞭で、大義の強い防衛戦争と、大義の薄弱な侵略戦争があると思うのです。国民の志願が少ない場合、政府も戦争継続を見直さざるを得ないでしょう。間違った戦争に志願者が多数…それは仕方がありません。
スポンサーサイト
category
仏法探究!

Comment

林田勝幸みっちゃんGV shougunyoshimitsu
赤松円心、黒田官兵衛、大鳥圭介などの名将を生み出した兵庫県播磨地方も今じゃ精神的敵去勢をされ、人格が宦官化した孔明気取りの忠武飛龍と日本会議兵庫の戸川みたいなネトウヨしかいない。
忠武飛龍にとり、孫子の兵法など猫に小判、豚に真珠でしかない。
今の播磨地方を見ていると今の日本そのものでしかない。
だから淡路島の平野達彦みたいなモンスターが出たんだ。
俺は住所は東京だが、生まれは佐賀県唐津市(忠武飛龍のツイッターでのホモ相手のねこたがすんでいる)出身で、唐津東高校OBだが、唐津東高校、そして唐津市、佐賀県も精心的去勢された宦官しかいない(ちなみに基地外で馬鹿の俺が唐津東高校に合格できたのも親父が東高の教師に賄賂渡したからだ)
だからネオ麦茶や俺みたいなモンスターが出た。
これならあの保守国士たる近藤将勝を生み出した八女をはじめとする福岡県のほうがまだましだ!!
近藤将勝こそ左の園良太と友にかの小泉進次郎対抗できる人物である。
いかに福岡が中川八洋やいじめ外道教師田村某やいんちき陰謀論者の副島孝彦を生み出しても福岡の価値は落ちないし、名古屋や小牧をはじめとする愛知と同じようにthe worldである。
  • 2017⁄06⁄11(日)
  • 18:52

2chでやってください。
  • 2017⁄06⁄13(火)
  • 12:57

Trackback

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/702-cb062b8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。