ルミガン効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

遮情霊の似非真理

  阿含宗に入会する前は数年、真如苑に在籍したので、その時自分の状況がどうなったのか、いつか「遮情」という所感を持ったと記したが今回改めてそこにスポットを当ててみたい。真如苑に入ると涅槃の釈迦、これが本尊であるが、その他に十一面観音、不動明王、清瀧権現という龍神、笠仁稲荷という5尊の他に、伊藤家の人々として真乗・友司夫妻、智文・友一両童子を神格化された存在として拝むのであり、現教祖である真聡(真砂子)苑主=継主、妹の真怜(志づ子)擁主、これだけは最低尊重しなければならない。

  しかしその過程で私に憑依・降臨wしてきたのは「力の強弱がすべて、気持ちの配慮は無力」とする霊なのである。何故かといえばこの霊はすべてを恣意的な念力の行使によって行うが、その際邪念・煩悩を嫌うのである。従ってあれこれ配慮に思いを馳せるとかえってうまくいかなくなる、と私の狭い経験では考えている。阿含宗も若干人間的にはなるが似たり寄ったりで、これは寒行や滝行の末、行者の霊を引き寄せ、感得したと思われる。高橋信次氏の霊ではないが、このように寄って来る霊は自分と似たり寄ったりのレベルである場合が多く、それを宗教的に見上げて仰ぎ奉ると、うまくいかない場合が多いと思う。

  つまりそうした憑依霊・低級霊の指し示す「真理法則」なるものは実はその生前の人物が思い描くひとつの考えにすぎないことが多いのだが、ではこのような憑依霊に付きまとわれた場合にはどのように対応すればよいのだろうか。私の対応法は、まずこの憑依霊は低級霊で神仏ではないんだ、固く断定するということである。このような憑依霊は人物の状況を「明らかに運のいい状況」「明らかに運の悪い状況」これを恣意的に繰返し、その人物が感情の起伏を波打たせる、その起伏自体がエサではないが、この低級霊は人物の感情が波打つのを非常に愉快痛快に感ずる、それを愉しみにして延々と繰り返すのが目的wという霊なのである。

  従ってここは「この状況はよい」「この状況はよくない」という内面の判断を止めて、生活の営為に集中することである。運のいいも悪いもない、そうするとその憑依霊は感情の起伏という“エサ”=愉しみがないので、当初はもっともっと奇抜かつ衝撃的な事態を引き起こして耳目を引こうとするが、次第に諦め、他の人のところに行ってしまうw つまり低級霊ではあるが自身を神仏として祀ってほしいので、人物の願いが叶えば「ほら私のおかげだよ」失態を起こせば「お前を騙せるんだよ」と自尊に走るのである。

  これらは迷える低級霊であるので、このような憑依霊から提示された「いまはよい状況」「現在は悪い状況」という認識判断を鵜呑みにしてはいけないのである。このような霊を称賛供養し供物を捧げたところで悪くなるだけである。逆に攻撃でもしてやればこちらになびくかも知れないw 私のおすすめは憑依霊の念力をそのまま相手方に打ち返すというやり方、これがいちばん無難のように思う。

  福祉施設で凄惨な事件があったが、あれも能力の優劣のみという世界観がある。本来そこを矯正するのが宗教の役目だが、霊の世界・念の世界では逆にそのような観点を肯定する霊を引き寄せてしまう場合もあるということだろうか。自分自身への劣等感を障害者への蔑視に転嫁し、そこを削除しようと行動したように見える。しかし現在、人間は能力の優劣がすべて、配慮の有無は関係なしという考えは社会に蔓延しているように思われる。

  真如苑の霊的世界を考える一助になっただろうか。これは「似非真理」、一種の魔力・魔性であると私などは考えてしまう。もうひとつ、第3の眼、サードアイ、第6チャクラ、ネットでは超能力の窓だ、いや悪魔霊界への窓だ、と賛否両論であるが、これも前述したように怨霊・低級霊はそうしたエネルギーポイントを狙って憑依した方が人物全般の洗脳操作に効率がよいわけである。だからチャクラ開発とチャクラ浄化はセットでやった方がいい、ということになるだろう。
スポンサーサイト
category
仏法探究!

Comment

Trackback

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/681-fbc9368a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。