FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

カルトに覆われる日本社会

2016.07.31(09:21)

  今回は断片的にいくつかの問題について述べることにするがwまず都知事選、鳥越さんの女性問題、上智大生と別荘、テレ朝ADの退社、これは業界には広く伝わっている話らしく、舛添さんもそうだが、これが福岡の男性のスタイル?らしいw ポイントはポケモンというのはテレ東でこれは百合子さんの在籍した局で、田原さんも小倉さんも元テレ東なのであるが、このような動きを抜きにして、鳥越さんに舛添さんが続けられなかった知事としての資質はあるか? ビジョンを政策に落として議会の賛同を貰い諸団体とつきあいながら都民の安心と支持を維持する…それが鳥越さんにスムーズかつスピード感を持ってできますか?ということである。

  とにかく舛添さんが不可解な経緯で辞任を余儀なくされたことで個人的には日本はいったん終了したと考えている。何故なら、慎太郎より左という世論の流れに創価が乗った、猪瀬・舛添と、圧倒的得票で当選した都知事が辞任したからで、では本日の選挙を含め、圧倒的得票とは何なんだ、という話になる。仮に小池・鳥越、増田その他マック・上杉ら新知事が誕生したからといっても、また五輪直前に騒動が起こり、今度は櫻井パパが満を持して…なんてことはないか。電通による巨大な五輪不正も卑小な舛添疑惑で消散した。このような現象を拍手喝采する社会を愚民化といわずして何というのだ。気になるのは、原発や韓国というキーワードの他に、猪瀬辞任には東電「病院」、「徳洲会」軍資金と「病院」が関係してる風にも思われる。舛添さんも元厚生大臣だ。病院、医療福祉…これはキーワードではないのだろうか。

  不案内な部分が多い話ではあるが天皇陛下の生前退位がまるで既定事実であるかのような報道をされている。もう決定済みのような印象である。ここからは無関係かつ不謹慎な妄想に飛ぶのであるがw 鳩山邦夫氏が亡くなり、由紀夫氏がAIIB顧問に迎えられた。谷垣幹事長は頸髄損傷で交代の方向である。関係ないが私の母親も脳底動脈が破裂し回復は当初から絶望的だった。それで思い出したのだがw慶応病院の過失手術で脳障害、東京女子医大の過量投与による致死事件は施設内の凄惨な19人殺しによってすっかり霞んでしまったようである。米倉さん・谷原さんのドラマもありましたけどね。

  日蓮正宗というのはまともな宗派だと思っていたのだが、日蓮宗大石寺派とでもいうべき宗派である。しかし戦前の歴史的経緯は、なんと明治45年の6月7日日蓮正宗という宗号を名乗り、また宗教団体法に反して昭和16年3月、独立を認可された。でこの行為を朝日新聞も称賛した。言いたくないがカルトというのは善男善女の集まりなのである。しかし往々にして彼らは理想に向って急進する自らの姿に陶酔し、その結果に無自覚無責任無反省で延々と同じことを繰返す。先日の「いいことはすべてこちら側のもの、悪いのはすべてそちら側のせい」のような論調で大合唱を行なったマスコミにその片鱗はないだろうか。

  私が「終了」と感じているのはそういうところで、どんなに「目が覚めました!」「もうカルトには反対です!」と叫んだところで脳髄に食い込んだ怨霊や低級霊はそう簡単には離脱しないのである。ちなみに私の母親は朝から晩までテレ朝を中心に見ている、創価シンパの人で、左傾のマスコミ論調や現在の野党の主張に全く感化され、賛同していた。私を狙ったにせよ、死んだのはおふくろと遠戚の高齢のおばあさんである(面識はない)。家系ごと狙ったのだと思うが、「盗聴の証拠隠滅の必要もあるからさー、あなたの親を呪い殺してあげたけど、いままでの事は水に流してこれまでと同じようにどうかよろしく!」一般人ではなく警察か病院の施設でお話してもらいたい。

  公害の時代に日蓮宗を中心に世直し呪殺集団なるものが活動し、現在も戦争反対で復活しているらしい。無関係かも知れないが、水俣市は熊本なのだ。民団本部は六本木にあるようだが、在日の人やそのシンパの日本人が日蓮宗や統一協会、オウムや頭頂に神霊を召喚してチャクラを開く?とかわけのわからん宗教、彼らが沖縄・水俣・選挙・政治に介入・干渉してきたと妄想する。平和目的かも知れないがやっているのは言論統制と思想の強制、地震や呪殺による無辜の人々の虐殺である。明治は終わり、大正天皇は虚弱で、太平洋戦争の泥沼がはじまった。歴史をよくよく勉強された高偏差値の人々による確信犯だとしたらこれ以上罪深いものはない。

  理由があるから虐殺しました、理由がないのに虐殺しました、どちらもおかしい、異常である。大阪vs東京、女性vs男性、慶応vs早稲田…最後にはいつもグローバリズムへと行きつくのだ。民共合作の危うさはその絶望的なまでの同床異夢の隔たりの深さにあるのではない。ナベツネ氏のように、元来コミュニストであった彼が転向し権力を求める余り巨大なグローバリストとなった、ソロスの思想と相通じるところがあるのではないか? 総貧困庶民にグローバル企業が恣意的に分配し見込みのないところは潰す、グローバリストになるかならぬかがそのまま新共産党に入党できるか否か、エリートと非エリートの分け目となっているわけだ。

  ウクライナではネオナチが公然と活動することをよくよく想起し左右の単純思考、単純至極な平和運動や民主化デモは社会統制に利用される時代であることをふまえるべきだ! やればやるほど首が絞まる、そこに気づいていながらでもそのままやっているというのはこれは確信犯の片棒だ。そうそう、猪瀬さんのカバンの記者会見と舛添さんのチャイナ服、あれは完全にやらせか洗脳だと思います。継主さまがジャンヌ・ダルクに、桐山さんが赤毛のアンに乗り移ったと考えていたのですが…強力かつ脆いの筋が通らない。池田大作氏も含め教祖は肉身をもちながら「御霊(おみたま)」と化していると思いますよ。官僚と御用企業が公金を使い込み、指摘した人間が吊るされるカルト社会ニッポンですw 小沢・舛添騒動の本質はココでしょ? 社会悪がカルトにすがっている、そこに絶望の中の希望がある?w
スポンサーサイト

コメント
なにか日本はカルトだらけになりましたね・・・

これも一つの終わりの兆候。


失礼しました。
【2016/08/01 16:30】 | 忠武飛龍 #RFphBmaY | [edit]
その逆らえない崇高な理念以前に論理破綻や非人間性が目立ち、本来批判されるべきところをスルーして、社会全体でそこを喝采しているわけです。舛添さんちは創価一家で、五輪利権を貪ったのは電通なのですが、小池知事就任ですでに「カネを使い込んだのは舛添で、創価マークの電通五輪は健全デス!」の青写真、この利権構造は櫻井“地デジ”パパ以来狙ってきたラインだと思いますが、ここが明瞭になってきていると思います。さらに日本壊滅は進みますよ。ありがとうございます。
【2016/08/02 14:05】 | 時示郎 #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/679-9c8c3da9
ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。