FC2ブログ

現代を斬る~時評と考察

世相を描いた文章と雑談から、政治と宗教の現実を読み解き、考察のヒントを探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチ・グローバルの潮流

  厳しい不動産ビジネスの世界を生き抜いてきて、巨大な帝国を築き上げたトランプ。ナイロンとベルクロの財布の会社を手始めに、セミナー会社、金採掘の会社を立ち上げたりしながら、不動産投資などの投資も行ってきたキヨサキ。一見、何の共通点もないような2人が、なぜいっしょにこの本を書くことになったのか、2人の出会い、そのいきさつの物語は本の冒頭に書かれています。共著の理由は、2人がお金に関して同じことを心配していたからです。同書のなかで2人は、次のような差し迫った問題を指摘しています。

・ドルの価値が下落している。
・国の借金が増大している。
・ベビーブーム世代が定年を迎える。
・石油の価格が上昇している。
・金持ちとそれ以外の人々の格差が拡大している。
・賃金が下がっている。
・雇用が海外に流出している。
・社会保障制度や高齢者医療保険制度が破綻しつつある。
・貯蓄の価値が失われつつある。
・ファイナンシャル教育が行われていない。

  そして、次の質問に対して急いで答えを出さなければならないと言っています。

・私たちにできることは何か。
・これらの問題を解決するにはどうしたらよいか。
・問題解決のための私たちのファイナンシャルIQは十分か。
・自分がこうした問題の犠牲者にならないためにはどうしたらよいか。
・家族がこうした問題の犠牲者にならないためにはどうしたらよいか。

  いま世界経済を揺るがせているサブプライムローン問題より以前に、これほどの問題がすでに存在し、日々、深刻さを増しているのです。その解決方法の一つとして、2人はこの本を書きました。「魚を与えれば、その人を1日食べさせることができる。漁の方法を教えれば、その人を一生食べさせることができる」このことわざの通り、2人は「教育」という漁の方法を教えることによって、みんなに金持ちになってもらいたいと願っています。一人でも多くの人が、貧困層という「問題」になるのではなく、金持ちという「解決策」になってほしいと願っているのです。

  「あなたに金持ちになってほしい」というタイトルには、キヨサキとトランプのそんな真剣で温かい願いが込められています。金持ちになるために必要な、お金やビジネス、投資についての知識とノウハウ、常に学び続ける強い意志、そして実際に行動に移る際の慎重さと的確な判断力、失敗をも恐れない実行力。そういったものを、トランプとキヨサキがどのように身に着けてきたのか、どんな経験、ときには失敗からどのように学んだのか、さらには、今のこの世界状況をどのように見て、何に投資しているのか。そういったことを知るのに、最適の一冊です。
(「あなたに金持ちになってほしい」アマゾンカスタマーレビューより抜粋、2008年2月4日)

  ブッシュ弟とヒラリーの一騎打ちかと思いきや、トランプ氏とサンダース氏の大奮闘、しかしこれだけの米国民が支持するからには単なる一過性のブームだけとは思えません。やはりひしひしと肉迫するグローバル世界の脅威の処方箋をこの2人に見ている人が多いのではないでしょうか。従来の延長線では問題解決は難しいということなのでしょうか、シリアやリビアで独裁者打倒を掲げて空爆を行ないました。ヒラリーも国務省から翻弄され大変ですが、日米に限らず「これが政治だ」という存在意義を示し断行した人物が喝采を受けるのでしょう。CFRやダボス会議にガツンと言える人物が大統領に当選し執政が行えるのかという疑問はありますが、そこには大いなるアメリカン・ドリームがあります。世界の問題を解決しようと自爆テロで戒厳令を敷き、途上国を空爆破壊する演出を繰返す“世界の老害”グローバル統一政府の自家撞着ぶりよりも、「ひとりひとりがリッチ=豊かになれる!」と説くトランプ氏の方が魅力的に映るのは言うまでもありません。(参考: ロイターコラム カダフィの真実 佐伯啓思寸評
スポンサーサイト

« どうでもいい党?w|Top|独裁者は誰? »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/660-f8685b7b

Top

HOME

現在の閲覧者数:

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

時示郎

Author:時示郎
宗教批判を切り口に政治社会を眺める素人のつぶやきです。東日本大震災の被災者の皆さまには謹んでお見舞いを申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

QR

})(); //--> ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。