ルミガン効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

米大統領選とTPP

  関連記事その①
  (関連記事その②

  アメリカ大統領選で各党の候補者を絞り込む「予備選挙」が、いよいよ明日スタートする。白熱する各候補の選挙運動で今、一つの争点となっているのが、TPP(環太平洋経済連携協定)に対する賛否だ。民主共和両党の候補者はイベントや討論で頻繁にTPPについて取り上げており、自身の立場を明確にすることで、他候補との差別化をはかろうとしている。面白いことに、オバマ大統領が所属する民主党の候補者3人は、全員がTPPに反対している。逆に、野党である共和党では賛成を表明する候補者が少なくない。次期アメリカ大統領となりうる候補者たちは、TPPをどう考えているのか。

  民主党で元国務長官のヒラリー・クリントン候補は早期からTPP交渉に関わっており、TPP支持を表明していた。ところが最近になってTPPを批判するようになり、態度を翻している。TPPの「最終合意」の内容がクリントン氏の当初の期待を満たさない結果に終わったというのが、態度を変えた理由という。クリントン氏は「TPPの最終合意の内容は、アメリカ人の賃金を上昇させるものにはならない」と説明し、批判に転じた。しかしこうしたクリントン氏の態度の変化は、「言い訳だ」「民主党左派からの支持を得るための変化で、不誠実だ」などの批判も浴びている。民主党の他の2人の候補も、TPPに明確に反対している。上院議員のバーニー・サンダース候補も「TPPは労働者の賃金に対する企業の勝利である」として、「TPPと戦う」と話している。元メリーランド州知事マーチン・オマリー候補は、TPPの存在が企業の環境保護や労働者保護のための規制を弱めかねないとして、反対を表明している。

  野党・共和党では、「賛成派」と「反対派」が拮抗している。反対派の筆頭は、過激な発言が話題を呼び、共和党候補の中で大きな人気を誇るドナルド・トランプ候補。TPPを「ひどい協定」と呼び、「アメリカを犠牲にして日本が大きな利益を得る協定で、その隙に中国が裏口から侵入してくる」として反対する。元アーカンソー州知事のマイク・ハッカビー候補も「アメリカ人の職を奪い、アメリカが交渉で『(日本に)寿司のように巻かれてしまう』」として、TPPに反対している。ニュージャージー州知事クリス・クリスティ候補、元ヒューレット・パッカード社CEOカーリー・フィオリーナ候補も、反対を表明している。一方で、ベン・カーソン候補、ジョン・エリス・’ジェブ’・ブッシュ候補、ランド・ポール候補、ジョン・ケーシック候補、リック・サントラム候補の5人はTPP支持を表明している。

  カーソン候補は「TPPはアジア諸国との連携を強め、公平な機会を与え、中国の影響力と均衡をはかるものになる」と述べている。賛成派の中には、TPPの非透明性や大統領の信頼のなさを批判している候補はいるものの、TPP協定自体は支持する立場を取っている。テッド・クルーズ候補、マルコ・ルビオ候補は判断を保留している。オバマ大統領にとっては、味方であるはずの民主党の次期大統領は全員がTPPに反対し、野党の共和党内には賛成派がいる、という皮肉な結果となっている。

  大統領選によってますます加熱するTPP反対論の一方で、専門家はTPPが成立するだろうと予想している。米プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン国際公共政策大学院教授で国際貿易が専門のクリスティーナ・デイビス教授は取材に、「アメリカ議会で確かなことは何も言えない」と前置きしながらも、TPPはオバマ大統領の任期中に成立するのではないかとの予測を述べた。「オバマ大統領のリーダーシップ下にある民主党内の支持派と、通商利益と貿易の促進に強い関心をもつ共和党の一部との間で連携が生まれ、大統領選挙終了後のオバマ政権最終盤のレームダック期間に、議会を通過するのではないか」と見ているという。
(ライブドアニュース、THE PAGE、1月31日)

  TPPスピンのためではないと思いますがw清原和博氏が覚醒剤所持で逮捕されてしまいました。西武・巨人時代も私も好きで、巨人が阪神に負けて清原だけが打つと満足したものです。しかし才能人気ある身であるからこそ、これはいけません。息子さんも野球の才が有望だといいます。多くの人々が清原氏に野球の醍醐味を感じているわけですから、ここは素直に猛省してきちっと更生復帰をしていただきたいと思います。

  それでTPPなんですが、官邸前だけでなくアメリカ本土、南米・東南アジアでも反対運動が行われたようです。個人的にはベン・カーソンのコメント通り行けば理想で、オバマの意向もその線だとは思いますが、実際にはグローバル企業の商売上のエゴが熾烈な競争を起こし、消費者は一時の盛り上がり以上の利益は得られず、社会の荒廃が広がると見ます。さらに何かと話題のトランプ氏、彼はペンシルバニア大でMBAを取得し、戦略的実務的に不動産ビジネスで大成功を収め、テレビ番組も製作・出演しています。ですから数々の暴言は「想定内」の戦略上にあると見るのが普通で、非常に大衆の関心を捉えるのに長けている人物、といえるでしょう。

  反知性主義ということばがありますが、これを私は多少の不道徳を伴っても実行実現力を優先尊重する考え、と解釈します。ただ不道徳さが興味から嫌悪、忌避を生む可能性がリスクとしてあるでしょう。また経歴を見る限り、どんな不遇も乗り越えるタフさもあるようです。ポイントはオバマの指南役やパトロンは、「共産主義的な主張をして」グローバル政策を拡張、まあアメリカシンパ地域のNATO化を意図しているのだろう、というところで、この点が左傾の主張で支持を集めてグローバル政策を推進するわが国の民主党にだぶるわけです。とにかくTPPをやっても全世界の庶民にとって余りいいことはないようです。社会の進歩を加速するためにもここは是非見送るべきではないでしょうか。ブラックボックスの秘密交渉に盲判を押すような愚行は断固中止すべきです。それでも自由貿易もグローバル企業も繁栄に向けてまわっていくのですから!
スポンサーサイト
category
ポスト現代時評

Comment

Trackback

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/653-57b9f6f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。