FC2ブログ

現代を斬る~時評と考察

世相を描いた文章と雑談から、政治と宗教の現実を読み解き、考察のヒントを探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオコンに駆逐される「鎮守の森」

  新進党解党史

  亀井静香氏が「鎮守の森のようなニッポン」という時、これは新進党の政策に見られるような規制緩和・競争主義・米軍追随の逆としての日本社会の枠で共生コミュニティを確立するという事だと思います。しかし日本に伝統的な鎮守の森は、「守旧・悪魔・独裁」と指弾される傾向にあります。現在では寛容なようですが、創価学会は元来、「鳥居はくぐるな、祭礼への参加禁止、寺社での縁起物購入禁止」のように指導していた筈です。このように「伝統的保守主義」と「新保守主義(ネオコン)」は対立する概念なので、自民党・社民党・さきがけ政権が出来たわけです。阪神大震災から消費税増税、景気後退・山一破綻と続きます。小沢さん・岡田さん・公明党のグループは元来自民党以上の新自由主義が持論なのです。だから現在も「とりあえず自民党反対でまとまろう」と言っているわけです。ただいろんな紆余曲折を経て、亀ちゃんは創価学会を容認し、自公連立も続いている、リアリスト安倍政権は伝統的保守とネオコン=新自由主義の二刀流なのです。高市さんと稲田さんを交互に出して来る。ただ稲田氏も親米を打ち出し器を広げているようです。是非の議論はどうあれ、事実上のパワーバランスとして、ネオコン勢力の破壊力、これは止めようがありません。現実的問題としていまここにあるネオコンパワー以上の力の開発を模索しない限り、どんなにもっともらしい正論を連ねたとしてもそれは現実逃避にしかならないのではないでしょうか。イスラム国や東日本大震災の真犯人を全力応援する国になっているような気がしてなりません。(この項了)

  亀井静香
  必見! こんなにコワイTPP
スポンサーサイト

« 外圧そのものTPP~すでに日本は農業開国|Top|ネオコンと創価学会 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/651-d22f603c

Top

HOME

現在の閲覧者数:

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

時示郎

Author:時示郎
宗教批判を切り口に政治社会を眺める素人のつぶやきです。東日本大震災の被災者の皆さまには謹んでお見舞いを申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

QR

})(); //--> ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。