ルミガン効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

死霊と狸霊

  昨年末本年頭に幻の女、これは初詣にやって来たからだが、今年はもうクリスマス前にカメラ・メガネ・舞台スタッフ・有楽町・福岡・和歌山wと出揃ってしまったので、もう一度ボンクラ的に整理をしておきたい。まず私が一昨年辺りから化身、化身という用語を使ってそれに違和感を感じる人感じない人いると思うが、まずこれは道教系の概念である。つまりネットで検索し辛いのだw 何でこんなことを思いついたかといえば、菊地直子氏が2審無罪となり、事件の詳細が不明なのでコメントできないが、そもそもオウム真理教の当初の名称は「オウム神仙の会」といったのである。

  この「神仙」という言葉をおさえておきたい。さらに阿含宗の準胝観音千坐行の元ネタとされている照眞秘流、これは仙術の書であるが、霊視やら密教やら様々な項目に渡るが、易占・病因霊視・呪符・密教祈祷・因縁解脱・管狐使役などの項目が並んでいる。これイメージとしては阿含宗というよりも真如苑に近い。蛇足だが真乗教主の後妻はお手伝い(スタッフ!)さんであったw だからどちらの教団にしても、真言日蓮二刀流の他に、病気他のトラブルの原因を霊視によって見極め、祈祷呪符によって霊界に働きかけるという原点があるように思えるのである。だから阿含宗・真如苑の2宗は気功や龍神・稲荷を契機に、「霊界」と縁があるといえる。ここで私なんかはすぐ「高級低級」と口走るのであるが、その前に、キーワードを「新興宗教の化身」から「霊界における神仙の化身」と置き換える。真如苑+韓国も真如苑+福岡と置き換えれば納得が容易かも知れない。

  「霊界」「神仙」「化身」そして「騙す・騙される」以上を複合して検索してみるといいかも知れないw 合気道では技がかかれば高級低級の区別はしない。また創価学会では霊界を認めない。それぞれ理由があるらしいが、実際に霊的トラブルが出てしまった場合はどうするか。私が何故新興宗教の有名な大教団を批判するのかといえば、これらの大教団は「うちは高い功徳があるから、因縁が切れますよ」と誘う割には霊的トラブルの発現した会員を冷たく突き放し理屈を並べるケースを見聞きしているからである。

  本当にノウハウがあれば何とかできるのではないかと思うが。さらに篤信者の言動に俗物的価値観が強すぎる点だ。それで現世利益的祈祷も叶いそうで叶わない。またそこでもっともらしい理屈で言い訳をする。これは霊界の神霊・神仙に惑わされている・誑かされている・騙されている・弄ばれている、と考えた方が自然である。現にトラブルが解決していないのであるから!

  まとめると、これらの教団を契機・パイプ役としてこの3次元的現世から霊界の神仙の化身の世界へ参入してしまう。そこは思念伝達は勿論不可思議な事象も多く、まあ面白いのだがwこの「おもしろい」という好感によって心理的に引き止められ、騙されてしまう。だから言動に辻褄が合わないけれど、何となく気分がいいなあ~という人物には要注意である。しかし私だけでなく、世間の人は往々にしてこういう人を受容しがちなのではないだろうか。

  一般論ではそれでよい。しかし霊的な観点からは非常に危険な態度であるといえる。騙すのはそのご当人ではなく霊界の怨霊が実行するからだ。人間というのは霊界に非常に操作されやすいようである。だから罪はないのだが非常に危険、という認識が成立する。だから私みたいに2年も3年も実際には数十年、いや生まれてからずっとかも知れない! 毎度毎度同じパターンでつまらないめぐり合わせに陥る者の対処法として、①勿論正当な宗教かヒーリングを受ける。この修行法自体は簡単であるが、そうした真伝に出会い、真偽を見極めるまでに数十年は要するのが普通であろうか?

  ②神仙の化身が繰返し現れたら種々の特徴から類推し、心の中でその人物をイメージして、例えば「お前は狸の霊だ!」と霊の正体を看破してやる。日蓮系は人霊・稲荷・野狐であろうか。図星で正解なら霊は離れて行くし、外れていたり曖昧ならそのままの事もあるだろう。③宗教霊を引き寄せる因縁霊という、これは自分のトラブルやトラウマ、それが同じパターンで繰り返される場合はなおさらその真因であるこれは先祖由来の死霊であろうか、それを過去生の生き様が引き寄せている。これを内観やら何やらで自分の本音内奥を「何故?」と探る事、また神仙の化身に対して「幾ら何でもそれ常識的に考えて明らかにおかしいでしょ!」という偏見ではないフラットな考えを堅持することによってあぶり出す・・・

  偉そうに書いているが正直私も全く五里霧中で、宗教霊の化身の正体を鋭く批判したら自分の奥底から死霊が浮いてきたのである。どんな行法やどんな偶然がどんな風に働いて本当は実際にどうなっているのだろうか、さっぱり判らないのだ!w これはホントの話である。だから「神仙の化身」や「霊界」の解る人物から関連する知識を得て、自分の身に異変が起きたらイメージの中で「お前は霊界の化身だろ」とズバリ指弾する。これをこの実社会で現実に「この野郎」とやってしまったら刑務所か精神病棟で可哀想な人となってしまう。私は先生でも本尊の化身でも何でもないただのボンクラである。従ってここに書いた事はあくまでも内面的主観的なものである。
スポンサーサイト
category
仏法探究!

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016⁄06⁄02(木)
  • 09:34

多忙にてお返事が遅くなり大変申し訳ございません。私の近所にも道場がありますよw まずは教団活動は従来のまま、こちらに電話でご相談されたらいかがですか? http://www.kumagawajinjya.com/zange.html
  世界救世教の元ネタにも連なるようですが、手かざしではなくアナログな修験・真言神道です。①宮司先生から浄霊を受ける②行法を伝授され自分でやる③霊視を含めた教師養成 私は②を受けましたがすべてを含めこちらの先生にご相談ください。なお私はヒーリング風にいえばこの行法のプラクティショナーであってティーチャーではありません。また「弘法大師の懺悔法」という著書も出ていますのでご紹介しておきます。すべては自己責任でお願い致します、ご質問ありがとうございます。
  • 2016⁄06⁄12(日)
  • 03:39

Trackback

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/641-c7639cfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。