FC2ブログ

現代を斬る~時評と考察

世相を描いた文章と雑談から、政治と宗教の現実を読み解き、考察のヒントを探ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の9月に思うこと

  面白半分に霊能その他で本来無関係な人間の命や社会の重大事に大きく禍根を残す事件を起して喜ぶ行為ははっきりと「異常」、これだけは言っておきましょう。面白がってるのはそっちだけ、こちらは一線以上を引きたいだけですな。大分間が空いたので、阿含・真如・創価の批判の繰返しです。まず阿含宗は祈祷の際に怨霊を集めすぎる、すなわち浄化力がなく、怨霊の力を成仏力と騙しているのか本気で勘違いしてるのか、そこまでは判らないが、怨霊が脳内に侵蝕すると、霊的な怪現象も相俟ってもう支離滅裂になってくる。次に真如苑、ここは新旧不明だが本尊に魔というか仏法の勘違い、文字面の浅い理解が入っており、願望実現を相殺して余りある霊現象が起きる、これが特徴である。願望はたしかに成就に向けて動きつつあるようだが、全体的には前よりも不幸になりました、こんなパターンですね。根本的なところがダメ、と露呈しちゃうみたいな。最後に創価学会ですが、最近考えた妄想は、「宿命転換」を掲げながら、創価本尊を拝んでも、その人のカルマ・運命がむしろ強く端的に出るんじゃないの?ということです。でないとこれだけ優秀な成功者から破滅的な犯罪者まで輩出する理由の説明がつかない。だから創価の本尊で宿命は転換せず、宿命が「そのまま強く出る」それが創価の本尊の生命力だと考えて一人合点する私でありました。非会員は呪われても運命的には結局元に戻るケースが多いと思いますよ。非会員でも創価パワーを心身の内に取り込んでしまうと、おかしなことが続くと思います。今回もただの妄想でした。
スポンサーサイト

« 東京湾震源地震、早朝の首都圏を直撃!|Top|これは逃げられない、池袋暴走事故 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/623-a9b98551

Top

HOME

現在の閲覧者数:

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

時示郎

Author:時示郎
宗教批判を切り口に政治社会を眺める素人のつぶやきです。東日本大震災の被災者の皆さまには謹んでお見舞いを申し上げます。


-天気予報コム- -FC2-

QR

})(); //--> ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。