FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

障碍神と高野山

2015.02.16(15:21)

  三宝荒神は日本特有の神で、その強烈な威力のため連綿と信仰されてきました。不浄を許さない厳しさを持つことから、火で清浄が保たれる竈(かまど)に祀られ、かまどの神、火の神として知られます。三宝荒神は人々を災いから守り、金銭を融通してくれる力強い神として家の守護神になってきました。祀る人を攻撃する悪人には、厳しい罰を下すといわれています。

  三宝荒神は飛鳥時代から奈良時代にかけて役行者(634~701)が感得したのが最初と言われます。その後772年(宝亀3年)2月に光仁天皇の子・開成皇子が箕面の勝尾寺で修行していたとき、三宝荒神は体長3メートルの鬼神の姿で夢に現れ、多数の眷属とともに暴れ回りました。皇子は驚き、自ら尊影を模刻し守護神として祀りました。そうしたところ人々を守る善神となり、爾来一千数百年、勝尾寺や京都・護浄院で多くの人の信仰を集めてきました。同じく8世紀の東大寺大仏殿建立のとき、多数の死傷者が出て悩まれていた聖武天皇は「荒神を祀れ」というお告げをお聞きになりました。良弁僧正に命じて笠山で七日七夜の祈願を行わせたところ、7日目に三宝荒神が姿を現しました。良弁がその姿を書き写して丁重に祀ると、全国から怒涛のように寄進が集まり、大仏殿は無事建立されました。

  816年(弘仁7年)、弘法大師空海が高野山を開くため地鎮の法を修法していたとき、にわかに天地が振動し、東の方より黒雲たなびき異形の鬼神が現れ、さまざまな妨害を行ってきました。空海が「汝は何者ぞ」と問うと、鬼神は「我は荒神ヶ岳に住む神である。九億の眷属を不信心の家に遣わし七難を引き起こすことができる。しかし自分を祀るならば、一切の障害を消滅させあらゆる願いを叶えてやろう。七難即滅七福即生が我の第一の誓願である。自分を祀れば必ず大願成就する」と告げました。そこで空海は三宝荒神の姿を描いて本尊とし、荒神供の修法を執り行い、立里荒神として祀りました。高野山の伽藍は無事建立され、空海は以後生涯に亘って毎月のように立里荒神に参拝したといいます。空海の後を継いだ真然僧正をはじめ代々の高僧も立里荒神を参拝し、あらゆる願いを叶えたと伝わっています。現在でも立里荒神は、山奥にもかかわらず多くの参拝者で賑わっています。

  日本でもっとも有名な三宝荒神の寺である兵庫県宝塚市の清荒神清澄寺は、896年(寛平8年)に宇多天皇の発願により勅願寺として建立されました。開基にあたって招かれた益信僧都が三宝荒神を祀り加護を祈ったところ、社前にあった榊の木に御影が現れました。この霊験を聞かれた宇多天皇はたいへん感銘され「日本第一清荒神」の称号を下賜されています。戦国時代に清澄寺は織田信長と荒木村重の合戦に巻き込まれて炎上しますが、三宝荒神を祀った社だけが戦災を免れ、その威力の凄まじさを立証しました。

  1090年(寛治4年)、三宝荒神は白河法皇の前に出現しています。熊野参拝の途上、和歌山県橋本市にある観音寺を行幸された法皇は、寺が荒廃しているのを見て隆盛を願って一心に祈念されました。すると突如巽(たつみ)の方角が明るくなり、近づくと目も眩むほどの光を放っている鬼神がいました。法皇が「何者か」と問われると、鬼神は「我は三宝を衛護する荒神なり、叡慮に応え奉りて当地を守護せん」と答えました。法皇はさっそく奈良の仏師に御神体を刻ませ、祠を設けて祀らせました。現在でも光三宝荒神として篤く信仰され、毎年9月の献灯祭は幻想的として有名です。横浜市にある曹洞宗の大本山・總持寺は三宝荒神を守護神として祀っていて、毎朝荒神諷経(こうじんふぎん)という法要が行われています。入学成就、家内安全などの祈祷は三宝荒神を祀った三宝殿で行われ、たいへん効果があると好評です。
(日本黎明社HPより抜粋)

  まあ以上は仏像通販の営業口上なのでwそのつもりで読んでいただきたい(どんな仏さまでも同じでしょ?w)のですが、台所の神さま、ということで神社にも御札が置いてありますよね。「ケンバヤケンバヤ」という真言なんですが。品川方面にもお寺があるかも知れませんが、見るからにちょっと奔放な動きの、能動的なイメージのある天部ですね。弘法大師が祀らざるを得なかった、このエピソードが事実だとすれば、凄い障碍神といえるでしょう。

  私もかつては聖天さまに通ったり、ガネーシャマントラを唱えたりしましたが、やっぱり合わないですねw 聖天さまで叶うお願いは川崎大師でも叶うし、川崎大師で叶わないお願いは聖天さまでも難しい・・・結局潜在意識上に因縁が不足していれば幾ら願っても限定的な枠を感じざるを得ない、というのが個人的な感想です。お願いは誰でも出来るけど、その人の潜在意識全体の中でどういう位置状態なの、ということでしょう、自己矛盾も含めて。まあ人間の位が低い、ということなんでしょうね。

  であるお寺が荒神さまと聖天さまを合祀しているという話を伝え聞き、それなら家庭の厨子で祀るのは非常にリスクが高いのではないか、と考えました。ご存知のとおり、聖天(歓喜天)さまとは象体のガネーシャ2身の抱擁図、暴虐神である大自在天を十一面観音が仏の慈悲で諌め善導する図ですから、厳格なお祀りが要求され、粗相をすれば障りがある、とされています。このような厳しい聖天さまと合祀する荒神さまを一般家庭でお祀りできるんでしょうか、と問い合わせたところ、何と荒神さまは非常に荒々しいので、聖天さまを据えて諌める、そのように古来から伝わっているというんですね。そんなに凄いの?という感じです・・・ちょっとコワイですねw

  浴油で浄化する聖天さまは荼吉尼天や稲荷に通じ、荒神さまは火の神さま、これで台所の守護神ということなんでしょうね。芥川龍之介の短篇に「アグニの神」というのがありますが、日米中に印度の神さまが絡む?という国際的なw作品ですが、私はここから真言密教の護摩供養で召喚する「火天」という言葉を想起しました。マジメ生一本の通常の仏さまとは一味違う、複数の要素が込められた生命感に溢れる、躍動的、つまりインド的な障碍神という雰囲気が致します。
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ocean24.blog136.fc2.com/tb.php/593-1ec38e87
ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。