FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

霊能幻想与太話w

2016.05.25(10:36)

  マジンガーZのメイン主題歌の作詞も実は小池先生であったということでw中島くんの声優さん文化放送で聴いたら吹き出してしまいそうなお名前ですが、演歌の花道のナレーションの方も同名でwいずれも愛知関連w あいつのことなんて忘れたよ…嗚呼、酒だ、酒だ、酒をおくれ!!! …昨年末のテレ東の歌番組も変な電波入ってたでしょう、五月さん誕生日アレだしw 菅原さんこれは解説させてくださいよ、モテない私に若い女の子が寄って来る、これおかしいじゃないですか。ある日職場で、新人の女の子が廊下を歩いている3m位後方で同方向に私も進んでいたわけですw 廊下は室内と違って暗かった 職場で一緒になった新人の女の子の背中を眺めているとぼや~っとオーラが観えてきたわけです 私は暗所だと若干オーラがわかるのです、まあ誰でも見えると思いますが。で、この「オーラ」が私の方をくいくいと興味がある素振りを見せるんですね。でも当然当の女の子は私のような手伝いのオジサンには何の興味も関心もないわけです。以前の職場である女の子が私に気がありそうなので声をかけたら一笑にふされてしまいましたw でもこの「私に素振りを見せるオーラ」と「何の関心もない女性」が一体化しているということに気づいた時、合点がいきました、これは霊的悪戯、洗脳か遠隔操作の一種だと。誰なのかどこの教団かはたまた私自身の憑依霊なのかは判りませんが、その仕業であろうと。だからその人との関係をどうするにも拝まないとダメなのですw これは霊の仕業だからです。
  
  真如苑や阿含宗、この教団教祖や幹部は伝統真言宗から直接伝授や指導を受けています。ですから巷の霊能者の先生によっては「阿含宗、あそこは本物だよ」という先生もおられます。これは両教団とも観想世界が存在するからです。ちなみに私は毎日真如継主と桐山管長(の「化身」)と肩を並べて仕事をしてますw これをヒーラーの先生に言ったら「頭がおかしい」と言われましたw では私が何故この教団をニセモノと判断するかといえば、これらの宗教霊は伝統密教の観想世界に侵入し、それを操作してしまうからなんですねw たとえば願いを叶わないようにしたり、障害が起こるようにしたり。伝統真言宗の仏尊というのはこのようなチマチマした陰湿な小技をやらないような気がするのです(私は一般素人ですから)。ですからこれは「魔性」「低級霊」の所現であると判断するわけです。勿論当然当の低級霊自身は「我こそは尊いホトケ、高級霊也」と思い込んでいるわけです。ただ伝統密教の観想世界に侵入し、妨害を起こし、信者を集め伽藍を建てる、こういう力はあるのです。だから強弱でいえば強いですよ。罪障を他人になすりつけ違法行為でもお咎めナシで通してしまう業もあるので、人によっていろんな分類があるでしょうが、私自身伝統密教で安定した働きという実感を得ていますから、それと比して「魔の働き」と個人的に分類しているわけです。
スポンサーサイト

あなたの知らないテレビ?

2016.05.21(12:03)

  アニメBJのピノコ役の水谷優子さんが若くして亡くなられてしまいました。小三治師匠のお弟子さんもご逝去され、フジも小倉智昭さん入院に続き小林麻耶さん搬送…KOHHY関連では大内義昭さん、望月三起也先生に次いでプリンス氏が逝去されましたからね、今回は歌丸師匠が勇退なさる笑点・落語関連の雑談ですが…「あなたの知らない世界」の故新倉先生と怪談噺をライフワークとする歌丸師匠の「イワオコンビ」でここまで来たのに、「呪い」で勇退としたら心外ですw 2人勇退という噂を聞いたので、個人的な感想をいえば、司会は円楽師匠、新加入は志の輔・正蔵両師匠では如何でしょうか? もうひとつ、5代目円楽師匠がよく演じられていた「死神」と似ていますが、阿含宗には「運命交換」という術があると聞いたことがあります。これは因縁解脱・運命好転が長年在籍してもうまくいかない、そこで苦肉の策として、現在運気の盛んななるべく若い人と老いた自分との運気を交換してしまおう、という方法論らしいのです。でもこれはある人物といつ身近に接しているとその人のオーラが伝播するというか、その人の環境的な何かが転移したようだ、という経験はありますよね。桐山管長は気功やチャクラ開発も学んでいますからそういうことができるのかも知れません。でもほんの短期間ですけどね。とにかく番組草創期からの功労者、歌丸師匠、どうもお疲れさまでした。まだまだご活躍・ご指導くださいね。不謹慎ですが蜷川氏、歌丸師匠、舛添都知事、風貌に類似点があるような…笑瓶師匠搬送の日は私も心臓が痛かったですw 

舛添都知事とフランス関連w

2016.05.21(11:02)

  観光という観点から東京に欠けているものは、「ナイトライフ」、つまり夜のエンターテインメントである。夕食を9時過ぎに終わっても、その時間から始まる芝居やコンサートがないし、逆に観劇や演奏会などが終わって遅めの夕食をとろうとすると、開いているレストランがない。これが問題なのである。私たちが海外の大都市に行くと、夜遅くまでエンターテインメントを楽しむ筈だ。先月訪ねたニューヨークでも、ブロードウェイは深夜まで賑わっていた。東京に来る外国人もまた、同じことを期待して来るのである。ところが、夜も10時を過ぎると、レストランも開いていないし、芝居もない。これこそが東京の魅力を殺いでいるのである。私のパリでの生活経験を振り返ってみると、夕飯を終えて9~10時頃から始まる芝居などに行ったり、逆にエンターテインメントの後に10時頃から洒落た料理屋で夜食を楽しんだりしたことがよくある。なぜ東京で同じことを実行しないのか。(舛添レポート、現代ビジネス5月17日より抜粋)

  トランブ候補を批判するジョニー・デップ氏、「ナインスゲート」「ツーリスト」なども観ましたが、アンジェリーナ・ジョリーでなくソフィー・マルソーの「アンソニー・ジマー」という仏作品が前身となっているようですw さて舛添都知事の政治資金計上疑惑ですが、5月12-13日にかけて①フランス検察が東京五輪招致疑惑に着手②ブラジルのルセフ大統領が職務停止③アンヌ・ロベルジョン元アレバCEOが粉飾決算の容疑で聴取④舛添都知事が政治資金問題で釈明、とニュースが続いたわけです。前述したように舛添都知事の奥さまは聖心女子大卒の創価学会員ですから舛添都知事も真如苑に全く無縁、とは言い切れません。

  

  これはいつもの個人的妄想ですが、今回の都知事の一連の疑惑も、まず韓国学校誘致を「どうしても」と都知事が進めた態度に違和感がありました。それを境にスキャンダル爆弾が炸裂w 逆に何でいままでよかったの?と聞きたいくらいです とにかく舛添知事のイメージはタックルや朝生なんかで代議士のグレーな政治資金の使途、なんて話題が出ようものなら眉間に皺を寄せて、「こんなの政治家失格、即クビが当然ですよ!」そう舌鋒鋭く指弾する舛添さんの様子が浮かぶんですねw だから都庁にクレーム入れてる方の中には、テレビでの舛添さんが乗り移ったように批判される方がおられるのかも知れませんw ただ今回の疑惑の内容も都知事コメントも???が多いです、ここまでよくやってこられたと思いますので支持者の期待を裏切らない都政・行動・工夫を望みます。で舛添さんは元厚生労働大臣なんですね 無理だと思われた年金改革に着手してそれなりの結果を残した、官僚の人たちに恨まれたりはしなかったのでしょうか 官僚全体にも創価学会の人も多い筈です まあ舛添さんは家族会員の筈ですが… ちょっと菅直人元首相の大震災前後の様子と被ってしまったのでコメントしてみました。小金井市は府中多磨に近いんですね… もう過去の事?w(→BJ:橋下騒動



五輪招致の闇にどこまで迫れるか?

2016.05.20(10:01)

  2020年東京五輪招致の不正疑惑で、招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に13年7月、95万ドル(約1億円)を支払ったのと同時期に、国際陸連会長(当時)の息子パパマッサタ・ディアク氏(50)側がパリのシャンゼリゼ地区で高級時計、宝飾品など計約13万ユーロ(約1600万円)相当の買い物をしたことが17日分かった。パパマッサタ氏は疑惑の中心人物。五輪招致を巡る汚職、資金洗浄などを捜査しているフランス検察当局は共同通信の取材に対し、こうした事実関係を把握していることを認めた。日本からの2回にわたる支払い計約230万ドルの一部が使われた可能性がある。

  

  検察当局は日本からの入金と金銭消費の時期が近接しているため、高額品の購入を通じた資金洗浄や、贈答や現金授受による買収などがなかったか、捜査を進める方針だ。パパマッサタ氏は疑惑の中心人物。五輪招致を巡る汚職、資金洗浄などを捜査しているフランス検察当局は共同通信の取材に対し、こうした事実関係を把握していることを認めた。2020年東京五輪招致の不正疑惑で、招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に13年7月、95万ドル(約1億円)を支払ったのと同時期に、国際陸連会長(当時)の息子パパマッサタ・ディアク氏(50)側がパリのシャンゼリゼ地区で高級時計、宝飾品など計約13万ユーロ(約1600万円)相当の買い物をしたことが17日分かった。(産経ニュース、5月18日)

  ご存知のように、JOCは大手広告代理店・電通の指示に従い、シンガポールのBT社に2億円超の大金をコンサル代として振り込んだわけです。このBT社というのは庶民的なアパートの一室であり、会社の看板もなくペーパーカンパニーである疑いが濃厚です。ここの代表であるシンガポール人のイアン・ハン氏はスイスのAMS社の業務を受けており、このAMS社とは電通の子会社で、国際陸連と親密な業務を行う会社だったわけです。

  電通はサッカーや陸上の世界イベントがどのような経緯で開催されるかを熟知していました。で、このイアン・ハン氏とセネガル人のパパマサタ・ディアク氏は親友の間柄であり、さらにパパマサタ氏の父親は前国際陸連会長のラミン・ディアク氏なのです。息子のパパマサタ氏はおそらくJOCからの2億円超を原資として、パリのシャンゼリゼで宝飾・時計を2000万円弱買い漁った。IOC委員とは、王室関係者やセレブ、いわゆる「高貴なお方」が多い。だから日本のIOC委員=JOC会長も皇族関係者なのです。

  さらに五輪憲章・倫理規定なるものがあって、「いかなる性質の報酬・サービスの直接的間接的な提供・受領の禁止」「ただし名目的な価値のプレゼントはOK」となっています。“名目的な価値”とは“実質的な価値”の反対で、ずばり「余り換金性とは縁がない」そんなプレゼント、という意味でしょう。フランス当局と雖も無闇に各国の貴賓であるIOC委員に迫ることは難しいと思います。

  しかし日本からの2億円超が渡った疑いがあるパパマサタ氏がシャンゼリゼで購入した高級ブランドの宝飾・時計は何らかの「プレゼント」なのでは?という疑いは不自然かつ強引なこじつけとは思えません。とにかくIOC委員には各国の王子さま・王女さまもいるのです。フランス当局が風の噂や単なる憶測だけで動くとは考えにくい。

  ポイントはこのブランド宝飾・時計の「使途」で、パパマサタ氏の「個人の買物」なのか、IOC委員に「ニッポンヨロシク」とプレゼントしたのか、ということでしょう。そしてFIFAや国際陸連による国際大会開催の「実情」を眺めてきた電通が五輪招致を勝ち取るためにどのような戦略を立てたかということでしょう。まあJOCは被害者然を装うでしょうが、それでも2億円超ポンと払いました。

  あとは電通~国際陸連~IOC委員のつながりに不正があるかないかですが、ペーパーカンパニーのBT社を含めてどこまで処罰を下すのか、2020東京五輪開催決定の是非がどう判断されるのか、とにかく早い決断が迫られています。件のディアク親子は別件で贈収賄の嫌疑が掛っており、その件にもBT社が送金先でした。従ってイアン・ハン氏と親友のパパマサタ・ディアク氏の2名間で贈収賄が成立する見込みがあるのです。

  不勉強な私は五輪と言えば古代ギリシャのオリンピアw位しか思い浮かばないのですが、近代オリンピックとはクーベルタン男爵が提唱し、IOCの第1公用語もフランス語なんですねー。従って本案件は、近代五輪の理念を主導したフランスによる嫌疑、というわけです。

  流れからみて、①フクシマ放射能懸念②競技場デザイン経費問題③エンブレム問題④猪瀬舛添スキャンダル、そしてこの⑤IOC招致贈収賄疑惑…本当に「ニッポンは何も悪くない」のでしょうか? 「ボタンの掛け違え」なら潔い撤退こそが勇断だと思えるのですが…


2016年05月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 霊能幻想与太話w(05/25)
  3. あなたの知らないテレビ?(05/21)
  4. 舛添都知事とフランス関連w(05/21)
  5. 五輪招致の闇にどこまで迫れるか?(05/20)
ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。