FC2ブログ

消費者=生産者…諸国民が望まぬTPP、そして米中接近

2015.10.19(10:21)

   大野和興「TPPのねらい」 

  環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の大筋合意が成立したが、「日米主導」の言葉に酔っている場合ではない。1985年9月の「プラザ合意」以来30年、日本は「対米協調」という名分のもとに対米追随が習い性になり、国益最優先の経済戦略が粗略になっている。TPPについて、安倍晋三首相は、「米国と組んで自由や人権など価値を共有する広大な経済圏をつくる」という。

  メディア多数も「開国」に怯える農業をシバキ上げ、合理化や改革を厳しく求める半面で、米自動車ビッグ3の主力収益源であるライトトラックへの25%もの保護主義関税を30年もかけて撤廃する大幅譲歩を不問に付す。対中包囲網になるという評価は総論の域を出ない。TPPはあくまでも自由貿易ルールの拡大版であり、対中外交・安全保障面での波及効果は未知数だ。米国はビジネスの利益になると思えば、さっさと中国をTPPに誘い込むだろう。TPPは知的財産権保護や国有企業の既得権排除、相手国政府との投資紛争処理などを強化しているが、万能ではない。

  アップル・IBM・デル・マイクロソフト・インテルなどハイテク企業は競い合うように対中投資を増やし、先端技術を国有企業に供与している。米企業は中国市場シェア欲しさの余り、情報技術(IT)の中国標準の普及に協力している。中国の人民元の国際通貨基金(IMF)・特別引き出し権(SDR)への組み込みも、これまで反対してきたオバマ政権が、人民元の柔軟な変動や金融・資本の自由化を条件に賛成する態度に軟化しつつある。11月に開かれるIMF理事会では、来秋から元をSDR構成通貨に加えることを承認する情勢だ。

  SDR通貨になれば、人民元は各国中央銀行間で現在のSDR構成通貨であるドル・ユーロ・円・ポンドとの交換が保証される正真正銘の国際通貨となる。元は国際決済で日本の円を圧倒し、日本の銀行も企業もドルと同じく、人民元がなくてはビジネスが成り立たなくなる日が近づく。北京は「国際通貨元」を実現し、低コストのドル資金調達能力に不安があるアジアインフラ投資銀行(AIIB)など中国主導の国際金融機関での人民元資金活用の道を開く。人民元による基軸通貨ドルへの挑戦ともなるが、金融市場自由化と門戸開放および変動相場制移行のプログラムを習近平政権が受け入れると、米国はドル基軸のグローバル金融体制に中国を取り込みやすくなり、ニューヨークとロンドンを拠点とする国際金融資本は巨大な収益機会を獲得できる。実利面で米中妥協の余地が大きいのだ。米国の金融市場を支えてきたのが日本である。黒田東彦日銀総裁は安倍首相に消費税増税を実行させてマイナス成長に舞い戻らせた。異次元緩和で余ったマネーによって日本からの対米投資は増え続けている。「対米協調」は日本の基本路線には違いない。しかし、自国益に執着しないアベノミクスは日本を再生させられないだろう。
(ZAKZAK、10月16日)

  まず国内の中小はグローバルの荒波に統合されるか淘汰されるかを余儀なくされると思います。しかしグローバル企業はわが国に商品・サービスの安定供給をする責務などないし、さらに国内の雇用を安定させる義務も全くありません。外国企業が自国の従業員を大勢連れてきて生活環境を整えてやってもいい。製品が安価にはなるけれど、日本人に合わないかも知れないし、日本人を雇わないかも知れないし、売上が多くても撤退してしまうかも知れない。その後また残った日本人で替わるものを立て直そうと試みても、潰れた中小にグローバルの真似は無理でしょう。勿論うまくいくシナリオもあります、しかし住民批判は勿論行政指導も「後進国の見解」として退けられては遅々とした社会改革の試みなぞ吹き飛んでしまいます。日本を取り戻すための成長戦略に何故日本を売り渡すリスクも冒すTPPが、これは本当にいきなり降って沸いた企画です。もっと世界中の働く国民の声を結集させ、グローバルのパワーを抑制する政策を望みます。
  
スポンサーサイト

金本新監督、新たなる船出

2015.10.19(08:00)

  阪神の次期監督に就任することが決まった金本氏。主力の高齢化や若手の伸び悩みをはじめ、球団は「1度つぶして、つくりなおしていく」(坂井信也オーナー)という過渡期を迎えている。就任要請した阪神、受けた金本氏、双方ともに重い決断を下したといえる。10年連続でリーグ優勝を逃した事実は大きい。敗因の一つが終盤戦の失速で、和田政権の4年間でも勝負弱さは解消されなかった。金本氏に白羽の矢が立った理由も、現役時代に知られたストイックさをチームに浸透させてほしいからだろう。阪神は南社長が先頭に立ち、シーズン中から水面下で交渉を続けた。

  坂井オーナー自身は和田前監督の退任会見で、あえてフロントの責任に言及し、粘り強く交渉に当たった南社長も「チームの雰囲気やムードを一新」する必要性を強調。阪神にすれば、“身を切る改革”に乗り出した形だ。金本氏がユニホームを脱いでから、まだ3年。その間に指導者経験はなく、指揮官としての実力は未知数だ。また、関西きっての人気球団で掛かる重圧は計り知れない。球団は「来年よりも再来年、再来年よりもその翌年」(南社長)という中長期的なビジョンでのチーム強化を託す方針。とはいえ、主力の高齢化は待ったなしで、金本氏は難しいかじ取りを任されるのも、また確か。双方が腹を据える必要がある。
(産経新聞、10月17日)

  プロ野球も日本シリーズは真中監督と工藤監督の就任1年目対決となるようですが、まずは両球団ペナントCS制覇おめでとうございます。私はスマホの速報でちょこちょこと見るだけなのでこのような内容は苦手なのですがw今年のセ・リーグは6球団投手陣の質がよく、1点を最後まで争うゲームが多く、ペナント終盤まで順位が確定しない大混戦となりました。

  9月の時点で首位の阪神は次回ではなく目前の1勝という和田監督の訓示も空しく甲子園でどんどん黒星を重ね、ロードの貯金をパーにしてしまいました。ヤクルトが優勝を決めた最終戦で淡白さを打ち払う関本選手の同点打、甲子園での広島勝利後の感動の引退式典、同時間帯に巨人が勝利して終り、坂本主将がスピーチを命ぜられ、中日山本昌投手の引退試合に大瀬良投手(クリソツ! 誰に?w)と貴浩お兄さんで及ばず終戦…原監督のシーズン終了報告後、突如野球賭博問題で読売球団が謝罪し、広島戦の誤審に対するマツダオーナーのボロカス発言もあってCSの審判判定はキビシ~イものとなり、結果は4四球でサヨナラプレゼント、第2戦ではゴメス・マートンが打って逆王手に出たものの、第3戦はここぞといういい場面にランナーを置きながらあっさり凡退…という残念な結果となりました。和田監督の課題であった「スパイス」「目先の1勝」は果たせなかったわけです。コーチ時代からファンからの人望も厚かった和田監督、私は好きでしたけどね、ゴメスの起用は???でしたが…プロ野球ですからね、村田だって鳥谷だって7番打ってるわけで巨人だって一時4番に四苦八苦したわけでしょう。生意気ですがやはりそこはチームの士気に関わる部分なのかも知れません。采配がずばっと決まる場面もあっただけに惜しまれてなりません、本当にお疲れさまでした。

  名将・原監督も退任の模様です。シーズン途中体調不良の際、変なポーズをとったように見えましたがw最後の最後までよくわからんセ・リーグでした。DeNAベイも大いに盛り上げたと思います。広島は本調子を安定して出せるようにならないと勿体ないかな。カープ女子というのですか、ひとみちゃんや黒田投手の貢献もあって観客増には成功したようです。どの球団も熟考を重ね、才能ある人選を行い、日々の努力を重ね、不遇に立ち向かっています。ラジオの実況でエモやんが「何を意図して打つか」と仰っていましたが、片岡仁左衛門氏が語る「何故このような型(所作)をとるのか考え抜く」に通ずると思います、つまり「より(精度の高い)明確な根拠」ということでしょうか。金本新監督も周囲の雑音に惑わされず戦略をまとめ、チームをまとめ、不遇を吹き飛ばして進撃していただきたいと思います。ご就任おめでとうございます。スポニチで人生相談していたようですがw今日の内容は本人も何言ってるかわからないのでつっこまないで下さい。勿論私には到底できませんw 関係ないですが8月お盆過ぎに藤沢沿岸の竜巻や桜島の噴火警戒がありました。思わず池口先生のところを連想してしまいましたw

超革命的アニメ大戦!

2015.10.19(07:34)

  まさかの激突が実現した。10月17日に公開されるオリジナルアニメ「サイボーグ009vsデビルマン」(川越淳監督)。生みの親はかたや石ノ森章太郎氏、かたや永井豪氏(70)。夢の対決を前に、デビルマンの作者、永井氏を直撃した。「石ノ森先生のキャラと僕のキャラが戦うと、どうなるんだと心配でした。デビルマン頑張れって思いながら、みましたが、互いのキャラのいいところが際立っていたのでほっとしました」悪魔の存在を探るサイボーグたちの前に現れたデビルマン。いきなり激突するなかで、浮かび上がってくる敵の姿。彼らが迎え撃つ敵はいったい何なのか。異形の者同士だが、戦う意味を求める内省的なサイボーグと、守りたいものを守るために本能で戦うデビルマン。正反対のキャラはそれぞれの作者を反映させている。

  「石ノ森先生は陰の人で、僕はどちらかというと陽。でも、SF好きなところは似てますね」デビューまでの2年、石ノ森氏のアシスタントとして腕を磨いた。「背景などの指示がかなりアバウトで、先生の求めていることを考えながら描かないといけなかったので力はつきました」一時期、永井氏以外のスタッフが全員やめてしまった。当時の石ノ森氏は多くの連載を抱えていたため、「月に200ページをひとりでやることに。でも、描くスピードは速くなりましたよ」。人気キャラクターが多いだけに、今度はだれの対決がみたいかを問うと「キューティーハニー。009が喜んで、003が怒るとかね。バイオレンスジャックもいいな」とアイデアは尽きない。

  夢の対決は、まさにかつての「東映まんがまつり」のにぎやかさを思わせるが、「こういうの楽しいよね。アメリカだって『アベンジャーズ』のようなコラボがあるんだから。今度はロボット対決なんかもあり。僕はオープンだから、のってくれる人がいればね」。60~70年代のキャラが今もなおスクリーンで活躍することについては「作品の息が長いのはうれしい。それだけ印象の強いキャラクターを生み出してこれたのかな」。作品は2週間の劇場公開の後、11月にDVD化される。
(ZAKZAK、10月6日)

  グレートマジンガー姿の篠崎愛ちゃんとツーショットしてた豪先生ですけどねw 天才バカボン対フランダースの犬?からの続編企画なのかはわかりませんが…テレ朝のアニメもよい子向けの健全な番組ばかりではないということです。そっちの方が好きですけどねw 私も超能力で漫画家の売れっ子先生になってアシスタントさんを罵倒してみたいですけどねw 今度の映画にタレちゃんは出るのでしょうか? 永井豪先生、これからも生涯現役でダイナミックにご活躍されてほしいと思います。本当にありがとうございます。

(追記)作品観て参りました。夕方のバルト9、5割前後でしょうか、お客さんい~っぱい! 30-40代の男女ホントいろんな方w アニメは客層カラーが偏るのが普通ですが本当に「一般の人たち」。デビルマンかっこよすぎ!w 幻魔・エヴァ・鬼太郎、ルパン、BJその他で最高潮ですが、ラストは更に盛り上げてほしかったwwwやっぱりアニメの質って高いわ 上映後私と同年代のお母さんが小学生のお兄ちゃんに聞いていました「誰がいちばんかっこよかった?」ボク「デビルマン!」ね、テレ朝さんそういうことですよ、原作版デビルマンをテレビ放送するとか…豪先生の「興奮する」というコメントは誇張ではありません。あと009とデビルマンに郷愁というか一抹の寂寥演出がほしかったな、なんてハイパーアニメに注文をつけてしまう私でしたが、作品ご関係者の皆さまには大拍手です!

  さてさて、高野山でひとみちゃんも深紅のドレスでライブを成功させたようですが、案の定というか、円蔵師匠、熊倉一雄さんがご逝去されました。反対車やヒッチコック劇場が好きだったので残念です。天空の蜂の会見コメントのような気持ちが正常だと思いますけどね、ちょっとむこうも組織的な感じがします。結局怨念を動機に無関係な人物を呪殺してしまうわけですから、これは福禄寿を大量消費するとは思います。で北斗晶さんのように、身体を鍛えているとか、検査をしてるとか、通じませんよね。舛添知事やなでしこの澤選手も原因不明の体調不良を起こしました。私の個人的な妄想ですが、これは複数の団体が、ヨガを媒体にして協同しているような気がします。私がコンサートに行っても行かなくても誰か死んだと思いますよ。関係ないんですよ、呪殺の理由はこじつけですね。

  もうひとつ、読売新聞なんか記事は体制的に、左翼的な感情は文芸で発散せよという考えがあるように見えるんですね。さらに米国もそうですが、特に日本の演劇界、これは先の戦争で戦意高揚映画、これを量産した過去に忸怩たる思い、痛切な反省があるように思えます。それで今回の安保法制にもこれは反対!となるのだと思います。やはり戦時統制下では宗教界、演劇界は当局に活動を制限されますからそれを未然に防ぐ動き、というのはあると思います。ここまでは解りますが私も政治思想には不勉強なので、今回の連続呪殺、そして相次ぐ鉄道の事故、それとは無関係かも知れませんが、かつて触れた親米左翼、「新左翼」についてこれは後日扱ってみようと思っています。左翼にカルトが絡むとしたら怖しいですね。余り教団を特定しても意味がないかも知れません。洗脳憑依はチャクラセンターの中心の中心、眉間の奥の奥にまで浸透しているようです。まあ私もそこまで詳しくは説明できませんが、とりあえず「視床下部」という単語は覚えておいた方がよいかも知れませんね。トピックが支離滅裂に飛びますが、3項連続で無駄話を続けます。

【訃報】生頼範義氏(おおらい・のりよし=イラストレーター)27日午前11時35分、肺炎のため宮崎県国富町の病院で死去、79歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は29日午後0時10分から宮崎市花ケ島町柳ノ丸508の1、プリエール宮崎花ケ島の杜で。喪主は妻、康子さん。昭和55(1980)年にハリウッド映画「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」の国際版ポスターを担当し、世界から注目された。平成の「ゴジラ」シリーズなどの映画ポスターのほか、ゲームソフトのパッケージ画や書籍の装丁を多数手がけた。(産経ニュースWEST、10月27日)

  幻想世界のプロフェッショナル、幻魔大戦などの挿絵や映画ポスター、出版ヴィジュアルへの功績は測り知れません。ありがとうございました、合掌。

2015年10月

  1. 消費者=生産者…諸国民が望まぬTPP、そして米中接近(10/19)
  2. 金本新監督、新たなる船出(10/19)
  3. 超革命的アニメ大戦!(10/19)
ルミガン効果