FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

シリーズ日韓外交④慰安婦にお詫びしたのは小泉首相

2014.04.30(18:34)

  オバマ米大統領は26日、日本に続く韓国訪問を終えた。日本では尖閣諸島(沖縄県石垣市)、韓国では慰安婦の問題に言及して双方が重視する問題に理解を示した形だ。しかし、韓国では「安倍政権の歴史認識に直撃弾」(26日付中央日報)などとオバマ氏を持ち上げる見方が続出。「仲介役」を果たすはずだった日韓関係改善には疑問符がついた。

  オバマ氏は韓国の朴槿恵大統領との共同記者会見で、歴史認識に関する韓国メディアの質問に答える形で、「甚だしい人権侵害だ」などと、自ら慰安婦問題に言及した。「強制性」には触れなかったほか、「何が起きたのか正確で明快な説明が必要だ」とも述べた。

 しかし、朝鮮日報(26日付)は、「現職の米大統領が国賓としての訪日を終え、その日のうちに訪韓して慰安婦問題を直接、口にしたことについて、外交関係者の間では『異例の批判』という意見が出ている」と伝えた。東亜日報(同)も「米大統領が慰安婦問題に直接言及したこと自体が初めてで、今後の韓日関係に与える影響が注目される」とした。

  オバマ氏は今回の訪問で日韓双方に配慮を示し、両国の関係発展を目指す狙いだったとみられるが、韓国ではオバマ氏の発言を踏まえ、朴氏の主張に「共感したとみることができる」(東亜日報)との解釈も出ている。
(MSN産経ニュース、4月26日)

  沖縄基地移転で“負担軽減”を明記、「満額解答」と安堵していたところにこの冷水のようなニュース・・・女性に優しい、人権重視の大統領を印象付けたかったのでしょうか。個人的には隣国である中韓とは文化的経済的に友好尊重のパイプを強めるべきだと思いますが、それがイコール相手の虚偽や理不尽を呑み込むこととセットであれば、当然わだかまりのくすぶりが蓄積すると考えます。ただ靖国見解で一致する米韓が慰安婦発言で日本を牽制したのは間違いありません。問題は国際的に公言されたこのレッテルに対してどのように対応するかですが・・・

・・・このたび、政府と国民が協力して進めている「女性のためのアジア平和国民基金」を通じ、元従軍慰安婦の方々へのわが国の国民的な償いが行われるに際し、私の気持ちを表明させていただきます。

 いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございました。私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。

 我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げるわけにはまいりません。わが国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわびと反省の気持ちを踏まえ、過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。

 末筆ながら、皆様方のこれからの人生が安らかなものとなりますよう、心からお祈りしております。
(元慰安婦の方々に対する小泉首相の手紙、外務省HPより抜粋、2001年)

  安倍首相は26日、東京都内で開かれた連合主催のメーデー中央大会に出席し、デフレ脱却に向けた決意を強調した。安倍首相は「デフレ脱却の目的を達成する。それには、与党も野党もありません。労働者も経営者もない。われわれは、今後ともしっかりと手を合わせて、働く皆さんが、この景気回復の実感を手に入れることができるように全力を尽くしていく考えです」と述べた。安倍首相は、あいさつで「3本の矢の政策によって、今、確実にデフレから脱却しつつある」としたうえで、「つかんだデフレ脱却のチャンスを逃すわけにはいかない」と強調した。メーデー中央大会に、自民党政権の首相が出席するのは、小泉元首相以来、13年ぶり。大会には、このほか、公明党の山口代表や民主党の海江田代表らも出席した。(FNN、4月26日)

  年末の首相靖国参拝から日米韓会談を経て、また米韓から慰安婦発言が飛び出し、おりしも稲田大臣の主権回復の日の靖国参拝と重なりました。東洋の我々が欧米各国によるソチ五輪開会式欠席を見ては苦々しく思うように日中韓の靖国・慰安婦・尖閣のせめぎ合いは西洋の人々には「何だそのくらい」と映るのかも知れません。異文化対立よりも近親憎悪の方が感情的に譲れない根深さが強いのでしょうか、安倍内閣の鋭敏な“戦略とバランス”が日本や世界各層の“自立と融和”に繋がればいいですね。(この項了)

スポンサーサイト

シリーズ日韓外交③閣下が立ち寄ったのは数寄屋橋

2014.04.29(20:29)

  …オバマ米大統領はアジア4ヶ国歴訪の最初の訪問地として、23日に日本に到着した。23日夜、安倍首相はオバマ大統領を夕食に招待し、東京・銀座の高級すし店で「おもてなし」して親密ぶりをアピールした。オバマ大統領は店の前で出迎える安倍首相に「シンゾウ!」と呼びかけ、握手しながらあいさつ。両首脳の会談は和やかに幕を開けたと思われた。だが、翌日24日の首脳会談後に行われた共同記者会見では、親密になりきれない2人の「距離感」が浮き彫りとなった。

安倍首相は会見の中で「バラクと私がホワイトハウスで初めて会ったのは昨年の2月になります」「バラク、あなたは昨夜のおすしを人生の中で一番おいしかったと評価していただきました」「ぜひ、バラクと私でこれまでで一番良好な日米関係を築いていきたい」と、オバマ大統領を何度もファーストネームで呼んだ。冒頭の発言までで「大統領」「バラク・オバマ大統領」などと呼んだのは数回だったのに対し、「バラク」は9回に及んでいた。オバマ大統領の方に体を向け、にこやかに話しかける一幕もあった。

ところが、オバマ大統領が「シンゾウ」と呼んだのは聞き取れる範囲でわずか1回のみ。ほぼ一貫して「プライムミニスター・アベ」で通していたのだ。それに気づいたためか、その後の質疑応答では、安倍首相も「オバマ大統領」と呼ぶようになっていた。

24日、東京・元赤坂の迎賓館で行われた首脳会談では、最大の焦点だったTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉が難航し、共同声明発表が先送りされる異例の事態となった。そのためインターネット上では、オバマ大統領の「シンゾウ呼び中止」はこれが影響した可能性があるのではと指摘する声も出ている。
(J-CAST、4月25日より抜粋)

  TPPの座礁、靖国肯定、ソチ五輪出席これはアメリカが断固認められない行為で言っちゃいましょうwだからこその「反米=靖国参拝」なのです。この精神があるからこそ、アメリカは日本の核保有を認めないし、日本の原発はイスラエルの会社が管理している…と精神異常のボンクラは妄想するのです。(これでまたブログも当分休業か?w)私は軍国主義反対の立場から靖国を是認しないのですが、アメリカは勿論先の対米戦争の発揚装置となったこの特殊な神社を認めることはできません。ただ日本の文化の独自性は認めるよ、ということで寿司をつまみ、明治神宮にも参拝したのでしょう。アメリカは武士道やイスラム教のような殉教精神を危険視しているのだと思います。首脳の呼び方や言いまわしテクニック云々ではなく「日本は防衛力も含め戦前とは違う方向に自立する」という路線を明確にすべきです。靖国参拝はその点を鈍らせてしまうのです。

  亀井静香衆議院議員は21日夜、東京都内で開かれた『真相Japan』(橘匠主宰)の講演で安倍政権による外交・内政をめぐる右傾化政策に触れ、「このままいけば日本はアウトだ」と批判した。

  安倍政権は集団的自衛権を認める憲法9条の解釈改憲や国家安全保障会議の設置、特定秘密保護法の整備、道徳教育の特別教科化など、戦争への布石とも思える政策を次々に打ち出している。亀井氏は安倍首相の国家観について「鎮守の森を中心とした村社会のような日本をつくるべきで、晋三総理も異存はない」としながらも、「右バネが利き、なれそうもない総理になったから、その延長線でいかないと自分の地位が危ういという潜在意識が強い。小泉の新自由主義を推進した連中が周りを取り囲み、こいつらの言うことを聞かなければいけなくなった」と分析。「このままいけば、日本はアウトだ」と批判した。

 亀井氏は安倍首相に電話や面会で数度にわたって苦言したことを明かし、「『あなたは日本の総理になっただけじゃない。地球、世界をどうするか、リーダーの立場であなたがやらなければ』と聞かせた。中国や韓国、北朝鮮とけんかだけは駄目だ」と述べた。自身が究めた合気道を引き合いに「合気道の極意は、敵が正面から来たら、さらりとかわして脇に入ること。相手の力を利用して。ガチンコ、ガチンコでいったら不測の事態が起きる」と警告したという。

 「保守」を名乗るメディアが道徳教育の復活や教科書に政府見解を書き入れる動きを礼賛しているが、亀井氏は「保守だからといって戦前が楽園みたいなことを言ってはいけない。今、戦前に回帰するのが保守という空気が強くなっているが、間違いだ」と主張。「中学校に軍人が配置され、政府批判したら治安維持法で引っ張られた。一切、批判できる状況になかった」と指摘した。当時の大政翼賛体制について「政党政治でもなければ、議会も機能していない。抵抗したのは三木武吉と鳩山一郎、中野正剛の3人だけ。北朝鮮と同じ。ああいう社会が日本にとって良かったのか」と、自由な議論を封じ込める現在の動きを牽制した。
(ブログ「高橋清隆の文書館、4月22日)


シリーズ日韓外交②暗雲をもたらしたのは鳥と海

2014.04.29(19:31)

  農林水産省は13日、感染すると高い確率で死ぬ高病原性の疑いがある鳥インフルエンザが、熊本県多良木町の養鶏場で発生したと発表した。同じ農家が経営する別の養鶏場(同県相良村)を含めて、計約11万2000羽を殺処分し、感染の拡大防止を徹底する。農水省は13日、専門家による対策のための小委員会を開催。感染経路などは不明だが、伊藤壽啓小委員長(鳥取大教授)は終了後、「(鳥インフルが流行している)韓国から渡り鳥がウイルスを持ち込んだ可能性がある」と記者団に述べた。

  農水省はまた、専門家チームを現地に派遣し、本格的な調査を開始。林芳正農水相は同日、省内に設置した対策本部で、拡大防止策の強化などを指示した。周辺農家への感染拡大は確認されていないという。高病原性鳥インフルの国内での発生は約3年ぶり。農水省によると、養鶏場で多くのブロイラーが11日から12日にかけて死んだと報告があった。13日に行った遺伝子検査の結果、「H5亜型」ウイルスが検出された。これを受け、熊本県は(1)発生した養鶏場から半径3キロメートル以内で飼育されている鳥の移動を禁止、半径10キロメートル圏から外への鶏肉と卵の出荷を禁止(2)近隣養鶏場の消毒、周辺の主要道路に消毒ポイントを設置、などの対策を決めた。
(時事通信社、4月13日)

  熊本の鳥インフルエンザのニュースを聞いて、鳩山内閣・東国原知事時代の口蹄疫問題を思い起こした人は少なくなかったと思います。福島みずほ氏もたしか宮崎出身でしたよね。ここに安愚楽牧場の牛が韓国経由で関与したとかしなかったとか、この和牛商法には創価学会が絡んでいるとかいないとかネットでも噂になりました。結果的にこのような疫病の蔓延は時の政権に対する強烈な揺さぶりになります。「この政権は縁起がよくないぞ」と漠然と思われてしまうわけですね。今回は迷いなくすばやい処置でパニックの蔓延は未然に防がれました。

  韓国の旅客船沈没事故で、同国の世論調査機関、リアルメーターの代表は24日までに、朴槿恵大統領が安否不明者の家族が集まる南西部珍島の体育館を訪問した直後の18日に71%まで上昇した大統領支持率が、今週に入り下落し、23日は56.5%だったとの調査結果を公表した。短文投稿サイト「ツイッター」で明らかにした。同代表は支持率下落の背景について「(事故対応での)政府の危機管理能力に対する国民の不満が増大しているため」と分析している。朴氏は16日の事故発生の翌日、体育館を訪れて家族を見舞い、救助に最善を尽くすと約束した。だが、政府当局が救出者や不明者の数を何度も訂正したり、政府高官が不適切な言動で更迭されたりして、政府の事故対応に批判が出ている。(MSN産経ニュース、4月27日)

  日本で製造された中古船を改造、過積載にして船員や外部による海難時の安全対策がなおざりになっていたのですね。日本の原発事故と同様に、これは韓国社会の持つ歪みが噴き出したその象徴だという声が韓国内部でも高まっているようです。でも支持率70%はすごい人気です。海難事故で揺れる韓国にオバマ大統領が日本から乗り込みます。

シリーズ日韓外交①握手を促したのは日経新聞

2014.04.29(01:22)

  韓国経済は回復基調にあるものの、その足取りはなお鈍い。低成長からの脱却は、2年目を迎える朴槿恵(パク・クネ)政権の主要課題になりそうだ。韓国銀行(中央銀行)が発表した2013年の実質国内総生産(GDP)の成長率は、前年比で2.8%となった。世界景気の回復で輸出が底堅く推移したほか、政府の景気刺激策もあって民間消費が増えた。GDPの伸び率は3年ぶりに前年を上回った。今年は3%台後半の成長率を見込んでいる。ただ、不確定要因は多い。とくに懸念されるのは為替のウォン高だ。子や自動車など主力輸出企業の競争力に陰りが見えており、最大手のサムスン電子は昨年10~12月期の営業利益がほぼ2年ぶりに減益に転じた。

 こうしたなか、朴大統領は年初に3カ年の経済刷新計画を打ち出し、規制緩和や起業支援で内需産業を育成する方針を示した。輸出立国の韓国は一部の大手輸出企業が経済を牽引している。一方で、国内では貧富の格差や若年層の失業問題が深刻だ。新計画の策定は輸出依存の経済構造を見直すとともに、国民の不満を和らげる狙いがあるのだろう。韓国景気の懸念要因といえば、経済のつながりが深い日本との関係も気がかりだ。昨年は韓国の対日輸出が落ち込み、韓国を訪れる日本人観光客も急減した。昨年1〜9月の申告額ベースの日本の対韓投資は約4割も減少した。

 日韓は新政権発足後、歴史問題をめぐる対立から一度も首脳会談を開いていない。政治的な関係の冷え込みが経済にも波及しているのは明らかだ。両国の政権はそのことをもっと自覚してほしい。懸案は歴史問題だけではない。経済でも日韓の自由貿易協定(FTA)交渉の再開、韓国が参加に意欲を示す環太平洋経済連携協定(TPP)交渉での協調など課題は山積みだ。そもそも政治対立が緩和されれば、貿易や投資環境にもプラスに働く。いつまでもいがみあっている時ではない。
(日本経済新聞、1月25日)

  年末の首相による靖国参拝から、本来同盟国である筈の日米韓に齟齬、見えない摩擦が生じてしまったような感がありました。田原さん東郷氏宮崎氏のクロスファイア(裏はグローバルナビでファミレス物流特集!w)も偶然見たのですが田原氏もテレ東出身だからかw実に的確に改善点を指摘していたと思います。TPPも先行き不透明、この靖国もいったんは容認せざるを得なくなった米国ですが、モスクワ五輪ボイコットを想起させる雰囲気の冬季ソチ五輪に、安倍ちゃんはこの靖国参拝を追い風に出席し、中露首脳と開会式に臨みます。これでプーチンも靖国批判のトーンが鈍りました。通常の五輪からパラリンピックへ切り替わるタイミングでウクライナの政変が起き、プーチンはクリミアに介入をするのです。政治日程を考慮して対応していた官邸にとって、このウクライナの政変はとんだイレギュラーなハプニングとなり、中露の容認か欧米と足並を揃えるかの踏絵を日本に迫ります。安倍首相は冷静に欧米側の立場を軸足としながらロシアに対話を呼びかけていく態度ですが・・・戦略とバランスの安倍内閣の高度な政治センスが米露首脳の焦燥を招いてしまったのでしょうか。ほぼ一月、オバマ大統領訪日が終るまで様子見で休んでいたのですが日韓関係を中心に勿論素人目線のボンクラジェンスwで国際政治を眺めていきたいと思います。(全4回)

  安倍晋三首相(59)とオバマ米大統領(52)、朴槿恵韓国大統領(62)は25日夕(日本時間26日未明)、訪問中のオランダ・ハーグで会談した。安倍首相と朴氏の正式会談は初めてで、オバマ氏の仲介で実現。韓国語も交えて話しかけた安倍氏を、朴氏は硬い表情で無視。カメラマンが3氏による握手を求めても朴氏が応じないなど、冷え込んだ日韓関係を象徴する異様な首脳会談となった。

  「マンナソパンガプスムニダ(お会いできてうれしいです)」

  3首脳が並んで行われた冒頭発言で、安倍首相はオバマ氏を挟んで反対側に座る朴氏に向かって、微笑みながら韓国語で話しかけた。しかし朴氏は硬い表情のまま、目を合わせることはなかった。取材のカメラに囲まれた冒頭発言は、オバマ米大統領を中心に安倍、朴両氏が両脇に並ぶ形。仲介の労をとったオバマ氏に朴氏が謝意を表明すると、安倍首相も「会談の機会をつくってくれたオバマ大統領に感謝したい」と気遣いを見せた。笑顔を絶やさない安倍首相とは対照的に、朴氏はオバマ、安倍両氏が話す間もじっと下を向き、時折、唇をかみしめるしぐさも見せた。カメラマンが3氏に握手を求めても、応じなかった。

  昨年2月の就任以来、歴史問題を理由に首相との対話を拒んできた朴氏。一方で諸外国に対しては「日本の指導者が慰安婦問題などで韓日関係を阻害している」などとする“告げ口外交”を展開している。ようやく今回、日韓関係改善を求める米国の強い要望でテーブルについた朴氏。手元の紙に目を落として無表情のまま読み上げる姿からは、反日傾向が強い韓国メディアに向け“手放しで首相との会談に応じたわけではない”と必死でアピールしているようだった。

  ようやく会談後、朴氏はいくらか緊張が和らいだのか、安倍氏と笑顔で握手を交わした。安倍氏は「最後に握手できてよかった」と、東京で留守を預かる菅義偉官房長官に電話したという。しかし、国内世論を意識し対日批判を繰り返す朴氏の姿勢は変わりそうになく、日韓2ヶ国会談への道のりは遠い。
(サンケイスポーツ、3月27日より抜粋)

  メディアによって握手をしたのかしなかったのかよく判りませんでしたが…安倍首相も靖国参拝で支持率は上がり、プーチンもクリミア併合で支持率を上げ、朴大統領も反日態度で支持を集めています。アメリカでもリンカーンや往年のSPドラマ「ルーツ」を思わせる映画が高評を得るなどオバマ支持者は迫る選挙を南北戦争にでも喩えているかのようです。

2014年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. シリーズ日韓外交④慰安婦にお詫びしたのは小泉首相(04/30)
  3. シリーズ日韓外交③閣下が立ち寄ったのは数寄屋橋(04/29)
  4. シリーズ日韓外交②暗雲をもたらしたのは鳥と海(04/29)
  5. シリーズ日韓外交①握手を促したのは日経新聞(04/29)
ルミガン効果
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。