FC2ブログ

受付嬢の化身に囲まれる

2018.08.17(09:08)

  まあお盆夏休みスペシャルということで私も遮二無二働いた方がよいのか休息を取った方がよいのか気分まかせで行動しているのであるがその程度の能天気なお気楽妄想ブログである。今回はヒーリングの先生からは制止されるのであるが、再三阿含宗へのコメントを記してみたい。複数の先生曰く、阿含宗を想うとつながりが強まるのでダメ、私の考えでは憑依霊は背後実態を見透かされると化かす・騙す(化作けさ)という目的が薄れるのでその正体を見抜くべきだという考えの違いがある。

  今回は阿含宗三田支部の受付係を紹介したい。阿含宗は法務部という僧侶集団と総務部という事務・経理担当、まあ運営・管理は共同だと思うがまず窓口になるのが総務で実際に宗教的奥の院を担当するのが法務ということになる。さらにそうした阿含宗職員に意欲ある信者がボランティア(奉仕修行)として補助活動をしている。これは私が在籍した10年近く前の状況なので今は違っているかも知れない。

  もう一点はてなブログ斜陽篇(すべて転載予定w)から記述している化身・アバター(分身)の術であるが、私自身これをやろうとも思わないし興味もないのであるが、阿含宗・100%(広告代理店関係か)・真如苑(舛添美術館)・さらにθヒーリングの先生、以上4団体がしつこいので検索してみた。シルバーバーチのサイトに想念霊・思念霊とある。さらに何らかのブチ本尊、私はこれを低級霊、願望実現力のみであとは無秩序支離滅裂なキチガイ霊と捉えているが、これを召喚して思念を託せば現実に可能であろうとの見解、いや妄想はしている。

  というわけで阿含宗三田支部の女性受付陣筆頭はメガネのリクルートさん(勿論すべて匿名だw)この方は非常にまともな印象で修行もよくなされ、阿含宗のあり方にも疑問を抱いているという、娘さんともどもよくしていただいたので法務僧侶から「親子丼w」と陰口を叩かれたが法務にはそのような卑しい一面もある。何でも法要前夜には激しい酒盛りをするという噂もある。このリクルートさんの旦那さん、ご主人の話は聞いたことがない。一般なのか職員なのか不在なのか、それはわからない。冗談で「次期理事長の座を狙いますか」と言って苦笑させたこともある。

  ここで再び脱線して私が在籍中お世話になった先達、一般信徒の女性が川崎のYさんと砂町のSさんである。このお二人はもともと霊能者で、ご自分で宗教や占術・潜在意識を勉強され、ひとつの居場所として阿含宗に在籍しているのであり、言うことはまともだが、それが必ずしも阿含宗の教義ではないので批判されたりたしなめられたりもする。しかし言われていることは精神世界ではオーソドックスな常識である。

  続けて三田の受付嬢ナンバー2、ご本人は堂々たるナンバーワンだろうが彼女がDちゃん、匿名会津ちゃんとしておく。とにかく彼女は喋らない。無口・無言である。その鬱憤ストレスが溜りに溜ってか中年男性職員の顔面に九字を刻み付けていたこともあるw 彼女も修行には熱心で下半身に低級な動物霊を付けて細身に似合わずドドド…と参上する姿が印象的である。最近辞めた派遣先の倉庫の上司社員がこの会津ちゃんとSさんであった。リクルートさんも江東区在住なのかも知れない。男性なのに顔が綺麗で女性らしいのだ。

  ここで阿含宗の思念霊、分身術ということで私が奉仕修行の班長をした時にやって来たのが梅ちゃんと白楽なのだ。後は毎月一緒にやっていた前班長の女性だから私は今回はお前がやってみろ、班長代理のようなものだ。この梅ちゃんと白楽はそのままリクルート女史と会津ちゃんの化身なのだ。アマゾンはここを理解しているが、大部分のマスコミはこの化身の部分から取り上げることが多い。ある日倉庫の夜勤も私以外に1人だけ、実際には5~6名の現場なのだが、しか来ないことがあった。しかも現場未経験初日である。私の近所の大学生だという。しかし顔を見ると会津ちゃんそっくりだ。分身だから何人でもいい、これは桐山さんや深田さんも多用している技である。

  話は戻るがこの白楽と仲良くしているのを受付から会津ちゃんがじっと睨んでいるのを私は見逃さなかった。彼女は無言・無口なのである。そうしているうちに梅ちゃんが騒ぎ出したのである。困惑する私にニヤッとする会津ちゃんの口元が目に付いた。私は2階の阿含宗相談室でファミレスで女と失敗した、それは相手が創価だからだ、阿含宗内で修行中に女性を誘えという指示を受けたのだ。そんなことをしていいんですか?修行中に… いいんだよ!と在家の回答者は言うのである。

  ご存知の通り白楽は洗脳され本尊の代理である男性とくっついた。先月も似たようなことが起こったのだが、この男性の方に既視感があった。そう、その前の大手運送倉庫の同僚のちんちくりんの女性そっくりなのである。時々飲みに行ったメガネちゃんとちんちくりん、これはリクルート女史と会津嬢の組み合わせではないか。関根麻里さんのような女性がSさんで、男性が会津ちゃんだとすると、このアベックはそのまま夜勤倉庫の上司なのである。もう一人大手運送で年末に失踪してしまった女性がいたがこれは受付以前の入り口に座っているG副主任夫人である。この3人の職員プラス前述の一般信者2人が要チェックである。この方は昼間の倉庫で仲良くしていただいた。

  とにかく、私の元にたった一人でやって来たその会津ちゃんの化身学生を私は積年の恨みを込めて罵倒してやったw 同様に深田の化身である使えない背の低い親父もN主任の化身である間抜けな親父も徹底的に罵倒してやったw あとは京都から星まつりで一緒になった代表読経も担う意欲的な先達が韓国名で来たが、まじめに現場を乱していくのであったw 私はこの篤信の京都の新潟くんと会津ちゃんがくっつけばいいと思っている。松山ケンイチと小雪、というわけにはいかないだろうが。

  あと三田の受付はヨガをものする落ち着いた女性がいる。共産党の田村智子さんに似ているかも知れないがw発信源はこちらなのである。杉並の方かもしれないが旦那さんは位階こそあるがマンガみたいにドヨ~ンとした方である。もう一人影の薄い方がいて、我々が奉仕修行でわいわいやっているのを傍目にこそっと本堂で勤行をしていた。私も昼間と週末の倉庫で見ていたが思い出さなかったのである。あああの人だ、結局全員受付の女の人だ、と思い至ったわけである。福島みずほ奥さんも深田管長で、昼間の2階社員も実際会津ちゃんなのであった。結局会津ちゃんは、私の上司たる有能な男性社員に化身して「お前は所詮使えない奴なんだよ」と言いたかったのであろう。あとは元奥さんが職員のスター夫妻ともともと両方職員だったが結婚後夫人のみ退職した神戸の国定夫妻、あとはいつもの男性職員信者、白いシャツが独鈷の加持の白装束に見えた夏である。

  まあ誰も聞いていないだろうが今一度卑見を述べれば、阿含宗も真如苑も構成人員や教義運営がおかしいのではなく、教祖が召喚した「本尊の質」が濁っている、迷っている、低級なのであるということである。伊藤家や桐山さんの顛末を見ればわかる。退会者を追っかけまわして10年後、こんな小さないいことがありましたでは本尊も教団もその価値はないだろう。しかし本尊は職員信者を洗脳するのでそこにつなぎ留められ、今日も飴と鞭で振り回されているというのがカルトの実情である。
スポンサーサイト

その平衡センスがキライです?

2018.08.12(00:19)

  まあアクセス解析を見る限り更新しようがしまいがアクセス数はそんなに変りないw 頻繁に覗いてくださる方には半年以上申し訳ないことである。年末から書きたい記事はまあまあある。が、悪影響を考慮して控えていた。それでも最近歌丸師匠・津川さん・翁長知事と亡くなって、これはここ数年来の兆候であるが、まあ根拠のない妄想ブログとして呪殺側の理屈というものを妄想してみたい。私にいえるのは阿含宗(密教+魔術)、オウム100%ブドウ研究所(日蓮聖天+気功念力+統一協会)、舛添(近所)美術館(真如苑+グローバル+創価学会)ここにめだか3姉妹+情夫一匹、赤坂にも違法ドラッグのポスターが貼ってあるが、が関与しているとは思う。

  だいたい笑点の司会者交代劇辺りから私はこうなる展開を予想していた。この日蓮聖天という祈祷法について私なりのコメントを述べる。そもそも日蓮曼荼羅の「第六天魔王」、これは天上界の障礙神、他化自在天である。では天神さま、菅原道真はどうだろうか。この天神さまという天満大自在天、これは道真公に色究竟天に坐す、まあ六道を半分に割れば同じのような気もするが、とにかくヒンズー教のシヴァ・リンガ、ガネーシャのお父さんたる摩醯首羅を習合させたものである。この2つは悪魔っ気を感じさせない半分神サマのような存在といってもよいだろう。この父親摩醯首羅大自在天をイザナギ、息子のガネーシャ=歓喜大自在天(ややこしい!)をカグツチに見立てるという説もあるらしい。

  ご存知の通り聖天尊は他の天部と同様に十一面観音と法華経で供養するが、この部分を日蓮題目で拝み祈祷するマイナーな一派があるようなのである。しかも念の入ったことに身延や創価ではなく正宗の曼荼羅で拝んでいるらしい。聖天+正宗、この正当性は別にしてここにスポーツ感覚で鍛えた気功念力、サイキックパワーを打ち込む、と私は妄想している。これで何故か肺炎が起こせるらしいのである。オウムのようにヒンズーマントラも使用しているのだろうか。歌丸師匠は身延なので余計術がかかりやすかったように思われる。

  素人の勝手な思い込みだが本来現在の芸能界はほぼ左翼、共産党が強いと考えている。何故なら戦時体制になれば歌舞音曲は統制抑圧されるからだ。そのような業界事情と個人のそれぞれの生きざま、そこに葛藤があり、過激な偏向者がそこにつけこんだ凶行と妄想している。これも間違いかも知れないが、歌丸師匠の本名は巌さん、である。イワオと来れば思い浮かぶのが君が代だ。と考えると歌丸というのは君が代+日の丸、転じて日本を代表する噺家という含意はないだろうか。

  若き日の巌少年は春風亭柳昇師匠の高座を聴き、噺家を志したという。このリスペクトが昇太師匠の抜擢に繋っているのだろう。共産党の赤旗にも紹介され私も勝手に歌丸師匠は共産党シンパか支持者だと思っていた。一方で柳昇師匠は日本会議の委員も務め、日本の伝統文化を継承しながら反戦平和を訴える、保守系の日テレに長年出演しながら歌丸師匠にバランスをとる意図があったのは間違いないだろう。ちなみにまる子ちゃんやボトムズの演出でお馴染みの知吹愛弓氏は柳昇師匠の息子さんである。

  大きな立場から敢えて保守色に傾く歌丸師匠に小三治師匠、木久扇師匠、円楽師匠が援護射撃で気持を代弁したのかも知れない。しかしこの世間を俯瞰するバランス感覚が気に食わない、過激に偏向せよとの何者かの意図が因縁つけて呪詛を飛ばしたと思われる。私の妄想ではそれはオウム100%の周辺だと考えているが、間違いだろうか。反日グローバルは相撲・歌舞伎・落語・時代劇・神社仏閣・国産重工業・日本食などはナチスと同類の文化とでも考えているのだろうか、どうやらお嫌いらしい。

  津川さんも一見極右の代表のようであるが心情的には民主党右派のようなところも思わせ、東京五輪の聖火台は縄文土器にすればよいと発言したのは記憶に新しい。この縄文土器の発掘地とオウム100%の本部が近接しているのかも知れない。いいですか、小沢一郎さんのように野党左派をシンパ応援する保守、のようなスタンスを反日グローバル集団が呪殺しているのではないか、というのが私の見立て・妄想である。ここからグローバルなスタンスの小泉さんと共闘しようという発想が出てくるのだろうが、それでは日本人の生活破壊が進むだけであろう。

  翁長知事はどうだろうか。この方も左傾の主張をする自民党の政治家である。まず沖縄の米軍基地依存からの脱却、は本来保守的な主張であろう。日本は軽武装で重武装は宗主国に依存しよう、とはリベラルな主張のようにも思える。これも知事を殺めて同情を集めようとしたのか、辺野古拒否に対する脅迫なのか、キチガイの奇行なのか、実際霊能は判断を鈍らせる場合もある、ピンキリなのだ、これもよくわからない。ただ保守の人間が左傾の主張をしてバランスを取り、広く世間の支持を得る、というやり方が気に入らないようにも思えるだけだ。俳句を競う人気番組で梅沢さんの一句が勝利したようだがそれ以降、福島で不気味な地震が続いている。かくいう私の妄想も重層的である。今回はここまでとしたい。間違いやご迷惑には陳謝申し上げるがそういう性格のブログなのでどうかご容赦願いたい。


配慮したからやられますw

2017.05.31(09:02)

  これは周知のことであるが、このボンクラは現在に至るまで右も左も判らずうろうろしているだけであって、当局及びマスコミは陰謀論・謀略論の世界をほぼ捉え、その上で無難な与太記事を送り出しているのだと考えている。何故直截攻められないかといえば、ここに霊的・宗教的な要素が関って来るからで、これはそのまま法令違反とはなりにくい性質のものである。そのように忖度抑圧された情念の噴上げが昨今のガス抜き事件と形を変えているのであろうが、それはあなたたち自身の問題であり、事情に不案内なこの私の責任ではない。

  この私を叩けば叩くほど小心な私は「カルトって怖いな、悲惨だな」と距離をおくのであり、方法論として恐怖ゆえの服従を強いるそのやり方が「人権・平和・環境」のお題目に相応しいか否かということで、これは全く不相応である。従って現在でも実績ある著名人が立派な論陣を張る一方でこのようなカルトを強硬に擁護しているのを見ると呆れ噴飯し、メディアへの不信感が増すのでである。もうメディアも社会もこのカルトと心中することに決めたのであろう、それでよい。内面の自由は憲法で保障されている、しかしこのカルトは非会員の内面の自由を認めず、詭弁を以て人権蹂躙を促進する。

  私の母親は電話盗聴の証拠隠滅のために脳幹を破裂させられたと考えており、他の親戚も出勤不能にされた。これは動かしがたい事実であり、到底許すことはできない。過去グーグルアカウントがアジア某地点からの不正アクセスで使えなくなっており、最近もPCの保存フォルダに思考盗聴の成果を示す新規フォルダが出現していた。夜勤の最中にあるカルト団体に対して想いを巡らせると、Androidスマホの画面がいきなり変換したり、音楽が鳴り出すのはよくあることだ、ということは図星なのである。

  まず①AG宗②オウムスポーツ縄文③舛添美術館、勿論舛添一家は被害者であるが、配慮の対象である近所からやられた…のだろう。ここは重要なところである、配慮した人物に攻撃する・そうならないように配慮して保険を掛けたのにそうなってしまう、前者は反日の特質であり、後者はSN苑のそれである。

  私がいまだに許せないのは選挙の多数決で選出したのに一部の公私混同という批判によって都知事が交代してしまったことであり、この「選挙の無効化」についての議論がなかったことが解せない。小沢・舛添・森友と、「日本社会の反日化」を感じる。再三言っているが自己のパワーに誇り自信がある者は選挙に立候補して多数を集め、自己の主張を法令化すればよい。呪いを用いた社会的テロは即刻やめるべきである。

  酒鬼薔薇事件当時は、龍太郎内閣であり、社民・さきがけが協力していた。偶然犯人の少年Aも宮下先生の作品を読んでいたようである。障害者の年下少年の首を糸ノコでいとも簡単に斬首、この斬首というのがイスラム国からの脅迫映像に通じるのだ。他に少年の生き血を呑んだという自白もある、あたかも悪魔儀式を行っているかのようである。私が目を付けている魔術を扱う人物がそのままテロリストとまでは考えていない。ただ海外含む広大なネットワークや強い神霊パワーにつながっているんだろうな、という見当をつけているだけである。問題は呪い殺人や呪い事故、呪い災害を笑いで済まそうとするその態度で、そこから「サイコパス」「呪いの実行成就に性的快感」という図式が浮ぶのである。

  基督教は善意かつ潔白なる人物が処刑されてしまったという話で、これは「未来成仏」wであろう。死後天国=神の国に召されるわけで、生前の想念の周波数が類は朋の法則で分類されるということだろうか。この聖書の焼き直しが法華経ということにして日蓮曼荼羅を眺めてみると、妙法=基督=信者が第六天魔王(これは非常に位が高い)とコンビを組んで釈迦と宝塔をおだて、不動・愛染を利用し、天照や八幡つまり日本神祇を足蹴・踏台にする、と読める。神仏の慈悲を逆手にとってそのパワーを恣意的に操作するという意図を感じる。まあ祈祷とはそういう面もあろうが、ここには神仏の判断より自分の判断の方が上、という傲慢=魔境がある。カルマの因果応報が反転する世界、そういう霊界もあると思うがそのような存在のようにも思える。

  最後にボンクラ9条改正私案ですが、第1項は現状保持、第2項は現状を削除して自衛隊保持を明記、そして第3項を設け、「徴兵制度はこれを禁止する」。教育無償化よりも意味が明瞭で、大義の強い防衛戦争と、大義の薄弱な侵略戦争があると思うのです。国民の志願が少ない場合、政府も戦争継続を見直さざるを得ないでしょう。間違った戦争に志願者が多数…それは仕方がありません。

法印を解説してみるw

2017.04.23(10:14)

  さて、久しぶりのなんちゃってサトリ解説ですが、クリシュナムルティやニーチェを参考にします。とにかく、我々は生きる上で様々な前提・制約・条件を受けざるを得ないのであり、その内容は潜在意識下で千差万別・百人百様・百花繚乱状態です。ですからこのようなトピックが出されても、無神論者からいきなり「宗教とはこれこれこうあるべきだ!」とか演説されてしまうのですが、それは絶対条件ではなく、この人個人の考えなのは言うまでもなく、勿論この文章も私の個人的な卑見にすぎません。

  般若心経の三法印、四法印と呼ばれる四文字熟語があるそうですね、今回はこれを使いましょう。まず①「諸行無常」ですが、これは私「人生に決定的瞬間ということはない」と解釈します。誕生、節目、事件、大病、劇的、記念、死亡、充実、低迷…挙句は死後の世界で閻魔大王に判決を受け、極楽へ天使姿wで急上昇、またはグレート義太夫からバッテンが出て血の池で獄卒鬼たちから凄惨なリンチを受ける…人生にはいろんな時期がありますが、これらはその時々という意味において皆一律に平等でありw記念写真に収まった日も何もなかった無為の日も一様にその時期が人生全体をその方向に色付ける「決定的瞬間」にはなり得ない、勿論大事故または急病でその後ずっと寝たきりになってしまうケースも含めて、そういう風に私は解釈しています。

  次に②「諸法無我」という言葉の意味を考えてみます。プラトンのイデア論というのがありますね。この世はどこまでも不完全だけれども、その奥には完成された理念の世界というものが存在する。この不完全な現実に対する完成形の理念、これがイデアだと思いますが、釈迦の哲理はこうした「完成形の理念というものは存在しない」不完全な現実のみが存在するだけである、こう解釈しますね。これはクリシュナムルティが説く如く、我々人間のエゴ=自我=俯瞰者というものは対象に向ってすぐに「何糞~こん畜生!」と脊髄反射する傾向があるんですねw(私だけですか?)その結果、お腹が減ると反対の「満腹・満腹!」を徒に求め食べ過ぎてしまったり、ちょっとした欠損にも過剰に供給しがちなんです。同様に流動的な現実を見るとだんだん不安が募り、何か静止した、決定された、止揚された、ぴたっと決まったものを内面に拵えてしまうのです。不完全なものを見ても「ダメだなぁ~、全然なってない…いいか、完成されたものというのはだな…」と口上演説が始まります。そして、意地悪で穿った見方かもしれませんが、彼らが示した止揚された状態も理念の完成形も、どこか流動的で不完全なのです。またそこで「何糞・こん畜生~!」これが延々と続くわけですね。

  ③の「一切皆苦・涅槃寂静」ですが、これは上記の①②を踏まえ、どこまでも流動的・不完全な人生において止揚や完全を求めれば苦悩が訪れ、反対に人生はどこまでも流動的かつ不完全であると割り切れば永劫回帰でどこまでも生きていける、どんな平平凡凡でつまらない人生でもどこまでも続いていくと見出すことができる、こう思うのです。私が仏教信者ながらどこまでもアンチ法華なのは、「法華」とはこの「止揚・完成のシンボル」のように思えるから、なのです。釈迦の内面や人生に止揚も完成もない…それを示すのが大日如来ではないでしょうか?

  補足すると潜在意識の願望実現、思考は現実化する、これは潜在意識の内部要素の調整に成功すれば本当に何でもよく叶うと思います。ただ無限の可能性の中で少し、タブーというか目標・目的にしてはいけない項目があるんですね。それは(1)自他の人生にレッテルを貼れるようその内容を特定の傾向に色付けすること(2)理念の完成形と自己の同一、少なくともこの2つは目的にしてはいけない、こういうことも言えると思います。私自身は意義ある人生、無意味な人生、平等だという考えですね。

  ただそのような中において、自分が本当は心の奥でどう感じているのか、また何故自分はその点にこだわっているのか、それを内心で理解することが必要だと思います。そして自分はどのような感情を抱いた時に好意や幸福感を感ずるのか、どういう感情が嫌いで不幸に感ずるのかこれは各自でよく探し求め踏まえなければなりません。その上でその感情を獲得するためには自分は何をしたらよいのかを考える。どんな状況でも自分を大事に・大切にする、そのための感情を探し、そして行動するこういうことがポイントなのではないかと最近思いました。少しでもヒントや参考になれば幸いです。


激震の法廷④運命は改善できるのか?

2017.03.21(18:05)

  この項は現在までの総集編であり、話題が飛ぶが、我慢してお付き合いいただきたい。3S政策と細木先生でおなじみのw安岡正篤先生ですね 到知出版で「運命と立命」という本がある 私は五島先生のノストラ本から西野先生の呼吸法、さらに船井幸雄先生の「人間の研究」に感化されwボンクラなりにこういう本も手にとったわけですね。で宿命は存在するが、立命でそこを乗り越えていかなかければならない。というわけで「立命の書・陰騭録を読む」という著書があるんですけど、これも陰騭録の内容が漠然としててよくわかんないんですね。こういう本はよくあります。肝心の箇所をぼかしてあるというか…で後年阿含宗の桐山初代管長の「密教占星術Ⅰ」というのがあって、これは九星気学の暦の別バージョンで当たっているか外れているかよくわからない代物なんですが、九星気学の盤を回転させて考え込む行為に趣を感ずる好事家には一読の価値があった。それでそこに雲谷禅師と袁了凡の功過格バランスシートという考えとリストが掲載されているのです。これなんですけども、卑見としては仏道修行(瞑想か念仏)と並行して行うものでしょうね。勿論私は真言宗です。近年チベット密教僧の「ダイヤモンドの知恵」というのがありましたが、これも著者の先生が瞑想修行を日課にされてチベットで修行されている方で、こういうバックボーンを抜きにして、一般人がそのままバランスシートを実行して「本当だったウソだった」といっても片手落ちだと思うんです。特に真言密教では拝む行為によって仏尊の力を借りるので、その上でそのようなシチュエーション、積徳行為ができるわけです。これを自分でやると言ってもなかなか難しいですね。その理由は運命改善を目指す人は当面運の悪い人が多いからです。だから環境も心掛けも資質も条件が揃わないことが多いんです。そういう人が善行をして運命改善を志向したとしてもなかなかうまく行かないのが現実です。だから通常はご自分の信ずる神仏を拝むとか先祖供養をするとか、静かに瞑想を続けるとか寄付行為を続けるといったところが無難なところではないでしょうか。しかもそれで急転直下にラッキーが舞い込むということにはならないようです。潜在意識の変容には時間と根気を要する、といったところでしょうか。

仏法探究!

  1. 受付嬢の化身に囲まれる(08/17)
  2. その平衡センスがキライです?(08/12)
  3. 配慮したからやられますw(05/31)
  4. 法印を解説してみるw(04/23)
  5. 激震の法廷④運命は改善できるのか?(03/21)
次のページ
ルミガン効果